2019年8月2日8,690 ビュー View

「飼い主よ、これで遊びたいのだが」振り返った時こんな状況だったら確実に笑う。

かわいい柴犬たちの顔を見ていたいのに…ただそれだけなのに…。時にはおもちゃやおやつなどで顔が隠れてしまって、柴犬たちの顔が見えなくなるというケースがしばしばあるようです。なぜそんな事態になってしまったのか、その下で柴犬たちがどんな顔をしているのか…一度気になったらキリがないのですが、まあ見えないものは仕方がないので。ということで、今回はそんな「ユーモラスな状況」になってしまった柴犬たちの姿をご紹介します。

”ドーナツ形”のおもちゃで

「これで遊ぼう」とばかりに口にドーナツ型のおもちゃを咥えている柴犬。しかし、丸型のそのおもちゃは、柴犬が噛んだ位置のせいでかわいいお顔が全く見えない状況になってしまいました。その隠れた下にはいったいどんな表情が隠れているのか気になりますよね。

しかし、クルンと巻いたしっぽにピンと立った三角のお耳、後ろ足の踏ん張り具合いといい、これは言うまでもなく遊びに誘っている状況でしょう。そう考えたらきっと、おもちゃの向こう側に潜むおめめはランランと輝いているに違いない。だとすると…余計に見たくなってくる!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🐕❥👩🏻さん(@shibainu_kanpai)がシェアした投稿 -

 

杖型キャンディーのおもちゃで奇跡が。

柴犬の顔を、これまたおもちゃが覆っています。オーナーさんは「フィットしすぎて、こういう犬種に見える」とも言っていますが、これは杖型キャンディーのおもちゃが2本絡んでいるという状況。1本はマズルに引っかかっていて、もう1本は咥えていますね。そして、そんな2本がうまく組み合わさってしまったことにより、まるで大きな知恵の輪のようなとても複雑な形に。一人遊びしていてこんな状況に陥っていたら、もう確実に吹いてしまうでしょう。

しかし、動画を見ていくと、しばらくの沈黙の末に状況を悟ったようで、まずは咥えていたおもちゃをポトリ。その後も、鼻に引っかかっていたおもちゃを外すように前足で落として、最終的にはその可愛いお顔に出会うことができるのでした。もったいぶられた(?)分、お顔を見れた喜びがこみ上げてくるようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豆柴にこちゃんさん(@nikochan.mame48)がシェアした投稿 -

 

サングラスならぬ、サクランボグラス?

柴犬ごんじの目の前には大きなサクランボが…と言っても、もちろんオーナーさんがサクランボを持ってちょうどごんじの目元を隠しているのですが、まるで大きな赤いサングラスをかけているように見えておもしろいですよね。ちゃんとおすわりしてじっとしているお利口なごんじ。ということで、このようにあえて顔を隠すような遊びをしてみるのもちょっと面白いかも。

ちなみに、写真を進めていくと愛らしいごんじの素顔もちゃんと見られますよ。どうぞチェックしてくださいね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬ごんじさん(@gonji_shiba)がシェアした投稿 -

 

おもちゃやおやつなど、色んな物で見えなくなってしまった柴犬たちの顔。しかし、そんな状況になっている裏で柴犬たちの顔が今どんな表情なのかと逆に想像をかき立てられるようで、なんだかそれも面白いなあと感じちゃいましたね。

それに、邪魔があってそのお顔が見えなくも、その状況すらかわいらしく感じられるということもよくわかりました!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

その動きに一切の計算なし!ピュアで可愛い柴犬たちの行動8選!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事