2019年8月20日4,876 ビュー View

【動画】「みんな〜、コレ楽しいね〜。」一緒に遊びたくて子どもの邪魔になっている柴犬がめちゃ可愛い。

黒柴のジョリちゃんは、子どもたちととても仲良しな柴犬。この日は子どもたちのおもちゃを開封するという、ワクワク楽しいイベントが開催される日です! ところがジョリちゃん、何かと子どもたちの邪魔をしておもちゃの開封がスムーズにいきません。本犬は一緒に楽しんでいるつもりでいるのでしょうか…。そんな絶妙なお邪魔具合を発揮したジョリちゃんの一部始終をどうぞご覧ください。

まずは、階段を封鎖します

オーナーさんが階段の上からおもちゃを運んできます。が、ジョリちゃんが階段を完全封鎖。オーナーさんがギリギリのところまで来ても退く気配はなく、結局オーナーさんが狭いところをまたいで降りるのでした。

なんだかのっけから圧が強めなジョリちゃん、これは大物な予感…。

 

次は、おもちゃの開封を邪魔します。

さてさて、この日のビッグイベント・おもちゃの開封が始まりました! もちろんジョリちゃんはここでも興味津々。子どもたちのおもちゃなのに、子どもたちよりも近い距離でおもちゃをチェックしています。

時折そのことをお姉ちゃんたちにたしなめられますが、そんなことでひるむジョリちゃんではありません。我先にとその中身を確認します。

 

いよいよ、おもちゃを独占します。

開封イベントが終了し、いよいよおもちゃで遊べる時間がやってきました! このおもちゃはシートの上に地図が描かれていて、その上にレールを敷き、電車を走らせて遊ぶという子供ならみんなワクワクしてしまいそうなもの。そんなおもちゃを前に、ジョリちゃんは早くもシートの上を完全独占しています。

ジョリちゃん、このままじゃ電車が走れないよ…。

 

とどめは、電車の動きをストップさせます。

いよいよシートの上を電車が走り始めます…が、ジョリちゃんのポジションが変わっていないため、当然のようにジョリちゃんに電車がぶつかり止まってしまいます。その光景をなんだか不思議そうに見つめるジョリちゃん。

いやいや…電車が動かないのはジョリちゃんのお尻のせいだからね。と思わずツッコミたくなりますが、柴犬ってやっぱり天然なのか…。というか「何か当たったけど」くらいに思っているだけかも。

 

おまけは…電車の動きにビビります。

しかし、最終的にはジョリちゃんもポジション変更を。ということで、お姉ちゃんと一緒に電車を見守ります。しかし、電車が動いたことにびっくりしたのか、それとも思っていた動きと違ったのか、その動きにびっくりして後ずさりするジョリちゃん。「なんだこりゃ!? すごいワンね!」という感じでしょうか。とはいえ、さっきも同じ動きしていたのだけれどね…。

 

柴犬は人間のような仕草を見せることが多いですが、ジョリちゃんはまさに人間の子どものような行動をたくさんしていましたね。自分も、お姉ちゃんたちと一緒の感覚で過ごしているのかもしれない…と思わされる動きを見せた、とっても可愛らしいジョリちゃんでした。

 

お姉ちゃんたちが落ち着いている分、むしろジョリちゃんが一番子どもっぽかったりして…。これからも、無邪気、そして気ままに大きくなってね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「邪魔カワイイだと?カワイイの間違いだ」柴犬ご自慢の”ジャマ仕草”を拝見。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事