2019年8月31日6,489 ビュー View

「いや、無理っス…」ジャンプが不得意な柴犬をヨシヨシしてあげたい。

運動能力が高い柴犬にとっては、ちょっとした水たまりなんて軽く飛び越えられるとお思いのあなた。なかには「ジャンプ、ちょっと苦手なもので…」という柴犬だっているのです。そして、彼らがピンチに出会うのはなにも散歩中とは限りません。いつも過ごしている家の中であっても「これ、ジャンプしなきゃじゃん…どうしよ」なんて苦悩しているのです。

清水の舞台から飛び降りるつもりで…

人間からするとそこまで難しくないようなジャンプでも、苦手な柴犬にとっては相当な覚悟がいるようです。それこそ清水の舞台から飛び降りる気分?

 

お散歩が大好きだというさくらちゃんですが、実は帰り道に苦手なスポットがあるようです。それは道路にあるグレーチング。そこだけ踏んだ感じが違うからか、穴が空いていることが不安なのかその理由はわかりませんが、苦手な子は多いようです。

ということでさくらちゃんもいよいよ目の前にして「どうすべきか…」と悩んでいるようですが、意を決したのか、かっこよく大ジャンプでクリア! 頑張ったね!

無理無理…ヘルプミー!

もはやジャンプすることを諦めた柴犬たちはこちら。オーナーさんに助けを求める姿は、かわいそうと言っていいのか、かわいいと言っていいのか悩ましいところ…。

 

雨上がりの散歩道に出現した大きな水たまり。オーナーさんは、景虎(かげとら)くんに大ジャンプで飛び越えてくれることを期待したようですが…写真の通りに完全拒否。そんなに深い水たまりでもないようなので、ジャンプに失敗してもちょっと足が濡れる程度で済みそうなものですが、景虎くんは濡れること自体が嫌なようです。

こうも拒否されては、回り道をするしかありませんね…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒柴かげとら(KAGETORA)さん(@kagendoracity1129)がシェアした投稿 -

 

きなこちゃんは段差を前にして困っている様子。どうやらその段差の隣に位置する階段に飛び移りたいみたいですが…「行きたい、でもジャンプできない、でも行きたい…」というきなこちゃんの気持ちが小刻みなステップにあらわれています。

でもよく考えてみたら、そもそもジャンプをしなくても一段降りてから階段を登れば良いことですよね。なぜわざわざハードな道を選択したのさ…!

結局、オーナーさんに丁寧に誘導されて、無事に階段を上ることができたようですよ。もう、かわいらしい思い込みだこと!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

きなこまみれさん(@shiba_kinakomamire)がシェアした投稿 -

 

ジャンプが苦手な柴犬を見ていると、「いいよ、無理しなくていいよ!」と全力で甘やかしてしまいたくなりますね。だってジャンプを渋るのには彼らなりに理由があるのですから…え? シンプルに体力を使いたくない? あ、そういうパターンもあるの…?

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬たちの軽やかな「柴ジャンプ」は、なかなかスゴいんです。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事