2019年9月10日10,866 ビュー View

「お出かけって、病院じゃん…(ブツブツ)」柴犬のワクワクが絶望に変わるまでの一部始終【動画】

今回の主人公は柴犬ももちゃん。彼女は家族と一緒のお出かけが大好き。この日もそのことを察知してワクワクが大爆発していたのですが…残念ながら行き先は動物病院。しかし彼女はまだそのことを知りません。そのことを知った瞬間、そしてその後の様子はもう、可哀想やらカワイイやら…。

お出かけを察知し、大喜びのももちゃん

 

オーナーさんがももちゃんの元へ、毛布を持って現れました。この毛布が準備されるというのは、車に乗ってお出かけできるという合図! ということで、否が応にも、ももちゃんのテンションは上がります。

 

そして、はやる気持ちをおさえながら車へとやってきました。「どこへ行くの? 早くドアを開けて!」とばかりにせかせかしているようです。

 

ジャンプしたりバタバタしたり、終始ハイテンションなももちゃんは車に乗ってからもウキウキが止まりません。これから始まることも知らずに…。

 

行き先が病院だと知った

車での移動を終え、いよいよ目的地に到着です! まだ何も気づいていないももちゃんは、自動ドアにも自らグイグイ入っていきます。しかし、このあたりから薄々微妙な空気を感じ取るのでした。

 

「…ここ、病院だ…」。

 

そう、ほとんどの犬が病院を好まないように、ももちゃんも病院が大嫌い。先ほどまでのキラキラした笑顔はどこへやら、わかりやすく表情は曇り、一気にテンションが急降下します。

 

悲しそうな表情でアピール

帰りたい…逃げたい…きっとそんな気持ちの表れでしょう。ももちゃんの見つめる先は外の風景。

その後も「帰りませんか?」と目で訴えかけてみたり、診察台に呼ばれたときも帰る方向に歩いてみたりと、あの手この手で拒否の意を示します。

 

しかし、そんなことが通用するわけもありません。ももちゃんの願いもむなしく、診察台へと強制連行されてしまいます。

 

オーナーさんの腕の中で処置を

さて、いよいよこの日の目的であるワクチンタイムを迎えます。

見た感じはかなり大人のももちゃんですが、大人だろうとなんだろうとコワイものはコワイ。

ということでオーナーさんにギュッとされながらの注射となりましたが、暴れることもなく、とってもいい子にしていられました。

ももちゃん、頑張ったね!

 

まるで絵に描いたような「ハッピー!」を放出していたももちゃんが「ズーン」と絶望の淵に立たされるまでのこの一部始終。

とってもいい子にしている分可哀想な気持ちもありますが、お出かけが楽しみだという姿はとっても健気で可愛らしい仕草でした。

 

感情の落差が激しくなってしまったこの日のももちゃんの様子を、どうぞご覧ください!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬たち頑張ってます!様々な「病院イヤ」を目撃

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事