2019年9月7日8,827 ビュー View

サプライズで家族と再会し、全力ブンブンで喜びまくる柴犬が嬉しそうすぎてたまらん【動画】

「忠犬ハチ公」の話で知られるように、犬は何年離れていてもオーナーへの思いは変わりません。今回はパパやママでなく、自立して家を出たお兄ちゃんたちとサプライズ再会をする柴犬をご紹介。あまりにも素直すぎる喜び方にこっちが嬉しくなる!

ドライブで知らない場所に来た

 

「今日はパパが車でドライブに連れて行ってくれるらしい。どこに行くのかな?」

そんなウキウキ気分で車に乗り込み、車窓から首を出す柴犬虎次郎くん。この後うんと嬉しいことが待っているとは、この時夢にも思っていません。

 

そうこうしているうちに、どこか建物に入りましたよ。公園でもないし、ドッグランでもないようですが、ここはどこかな?

とりあえず、はじめてきた場所に縄張りマークをしたくてクンクンとあたりを嗅ぎ回ります。

 

姉ちゃんだ、姉ちゃんだ〜!!

そして虎次郎くんはどこかドアの前に連れてこられました。そしてドアが開いて、誰かが出てきたようです。

「ん? 誰かな?」とはじめは様子を伺うものの、わかるまでそう時間はかかりませんでした。だって、中から登場したのはなんと、大好きな姉ちゃんだったから!

思わずキャンキャンと高い声をあげ、虎次郎くんは喜び大爆発!

 

ここは…兄ちゃんちだ〜!!

姉ちゃんとの久々の再会もほどほどに、行くよと促される虎次郎くん。次はどこに行くのでしょう?

すると、見覚えのある場所に来たようです。ここには前に一度来て、兄ちゃんが住んでいる場所だと知っているのです。

 

今度はもうドアを開ける時間すらもどかしいようで、落ち着かない様子を見せます。

そしていよいよ兄ちゃんが玄関先に現れた途端、飛び上がって全力で喜びます。もう、嬉しくって大はしゃぎ! しばし、再会の嬉しさを噛み締めます。

 

実は、連休初日のこの日、一人暮らしをしている姉ちゃんと兄ちゃんをパパさんが車で迎えに来たのでした。帰りの車では、大好きな2人と一緒に乗れて虎次郎くんもさぞ嬉しかったことでしょう。

 

…とおもいきや、吹き出しには「2人とも、いっぱい遊んでやるからな」の文字が。「いっぱい遊んでね」の間違いでしょう? と思いつつ、お兄ちゃんお姉ちゃんは、虎次郎くんにたくさん遊んでもらってくださいね。

 

突然、嬉しいサプライズがあった虎次郎くん。2人に再会したときのはしゃぎようったらありませんでしたね。犬は何年も離れていても、飼い主のことを覚えているという、賢く、そして健気すぎる動物です。

まして、子どもの頃から兄弟のように過ごしてきた人であれば、忘れようがないでしょう。

しかし、こんなにも喜んでくれるだなんて、見ている方もなんだか嬉しくなってしまいましたね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「お父さんが帰ってくるだとぉ!!」歩くのを拒否していた柴犬がウキウキになるまで

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事