2019年9月8日10,271 ビュー View

「うっわ、つよそ〜…」全然敵じゃない”大したことのないモノ”にビビってしまった怖がりな柴犬

「番犬になる」と聞けば、愛犬家でなくとも「柴犬」と浮かぶ方は多いはず。しかし、もしかしたら知らない人も多いかもしれない事実…それは、柴犬は「大したモノじゃなくても怖がってしまう」という一面もあるということ。そんなビビりっぽい実態を動画でご紹介します!

”子どものヒーロー”にビビる

一心不乱にお庭を駆け回る柴犬。かと思えばふとオーナーさんの目の前に止まって、手に持たれているものを見つめます。

そう、その手にあるのは子どもが大好きなヒーローのフィギュア。柴犬は「コッチだって強いんだぞ!」とばかりに吠え始めますが、やっぱり怖いのか常に逃げ回ります。

きっとヒーローは「不審なヤツ」として認定されちゃったのでしょうね。味方の存在のはずが、怖さのあまり全力で威嚇されてしまいました。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CHIHIRO TOMINAGAさん(@87mal3)がシェアした投稿 -

 

堂々としていて不審なヤツ!

黒柴が、廊下に落ちているバスケットボールに向かって激しく吠えています。

ボールが好きという柴犬は多いものですが、バスケットボールはちょっと大きすぎたのかも。もはやボールとは認識されず、威嚇されてしまいました。

その後勇気を出して恐る恐る触ってみますが、動いたと勘違いして後ずさり。どうやら生きているものと思ってしまったようですね。

ということで”見知らぬ生き物”に対し渋い声で威嚇をしますが、「モノ」であるバスケットボールは反応しません。

しばらくすると気にしながらもその場を立ち去りますが、もしかしたら「堂々としたボールに恐れをなして逃げ出した」ということなのかも。バスケットボール、強し。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mameshiba_riki_shiba_suamaさん(@shingochan_riki_suama)がシェアした投稿 -

 

何者なんだコイツは!?

この柴犬が対面したのは、小さなボードの上に乗り重心移動で動く乗り物「バランススクーター」です。それを柴犬が興味津々で見ていますが、スクーターがちょっとでも自分の方へ近づくと怖がって逃げます。スクーターの動きも形も、きっとこの柴犬にとっては初めて見る、得体の知れないものなのでしょう。

しかし、警戒しているものの興味があるのか、逃げたり近づいたりを繰り返し気が立っているよう。そのせいで、途中自分のしっぽまで気になってきたようで、くるくる追いかける仕草まで見せます。

光って迫りくるスクーターに戦闘態勢な柴犬、もはや未知の敵に立ち向かうヒーローになっているつもりなのかもしれません。ある意味とっても勇敢かも!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sonokaさん(@sonosonotiger)がシェアした投稿 -

 

「柴犬は強くて番犬として守ってくれる」。確かにそういう一面もありますが、決して「怖いものがないわけではない」ということがおわかりいただけたでしょう。

しかし、このように彼らの”不審なヤツレーダーが”高いほど、番犬として向いているということ。だからそれはそれで良いのかもしれませんが、しかし、もしこれと同じような状況に出くわしたらどうぞ背中をさすって「大丈夫だよ」と安心させてあげましょうね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

お掃除ロボが怖い!柴犬パピーのりんご郎「初めてのとまどい」

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事