2020年3月18日19,216 ビュー View

ハウスと言われ、一瞬だけ足を踏み入れ秒で戻る柴犬。怒られない『ギリギリ』を攻める姿がまんま子供でワロタ【動画】

柴犬と暮らしていると、まるで人間の子どものようだと感じる人は多いですね。今回の主役黒柴大河くんは、ふだんは畳屋さんの看板息子。まったりとした日々を過ごしているのですが、どうしても寝る前の「ハウス」の時だけはイヤイヤさんに。まるで子どものような拒否の仕方には、可愛すぎて笑わずにはいられない!

「ハウス!」の声に、とりあえず…

ある日常の一幕。オーナーさんはもう寝る時間なのか、大河くんに向かって「ハウス」を命じます。

すると大河くんは素直にハウスへトコトコと歩いて入ります。

 

うんうん、やっぱり柴犬は忠実なのですよね。

すぐに言うことを聞いて、なんとも賢いし偉いね!

 

…と思ったのも、つかの間。

 

ハウスの『フリ』だった

トコトコ歩いて一度はハウスに入った…にも関わらず、なんと秒で戻ってきました。

あれ…ハウスはどうした?

 

これはどうやら、こんな気持ちだったようです。

 

「一度は入ったんだから、ハウスしたことになるよね」

 

そんな感情が伝わってくるこのしれっとしたお顔…。

正直すぎて笑えてきてしまいますね。

 

いやいや、今は『ハウス』の時間であって、『ハウス…おいで〜!』ではないのだよ。

 

強めに「ハウス」を言ってみた

ですがオーナーさんもここで引くわけにはいきません。

 

大河くんに、今度は少し強めに「ハウス」を命じます。

 

すると…やはり素直にハウスする大河くん。

やれやれ、強めに言うとわかるんだから…。

 

今度から、ちゃんと一回で入ろうね!

 

…とオーナーさんが安心した頃を見計らって、なんと…

 

(チラ…)

なんということ…。

 

今度はお顔だけ見切れて再登場です。

 

きっと「さっきは全身を出したから怒られたんだ。顔だけなら…」…ということでしょうか。

 

このように、知能的で愛らしい『まんま人間の子ども』のような大河くんの動きを見ていると、本当に人間とやりとりしているのかと錯覚が起きてしまいます。

 

しかし、そんな姿もまた愛すべきポイントでしょうね。

 

どうぞ、子供っぽい反応を見せた大河くんの動画をご覧ください!

 

絶対にハウスさせたいオーナーさんと、絶対にハウスしたくない大河くんの戦い、いかがでしたか?

 

なかなか互角な戦いで微笑ましいものでしたね。

 

とはいえ、ハウスしたくないのはオーナーさんのことが大好きで、もっと一緒にいたいというのも理由のひとつでしょう。

 

ああ柴犬って、やっぱりニクいやつだ!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

パパと一緒に、オモチャを投げ合う柴犬。かなり上手にやりあう光景に、家族であるママですら嫉妬した【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬