2019年9月24日10,224 ビュー View

自宅警備中にお猿さんの来客…!?柴犬が様々な動物とふいに遭遇したら、こうなった。

柴犬はとにかく好奇心旺盛な犬。普段生活していても人間が気づかない”何か”を見つけることは多々あります。そんな彼らが、自分とはちがう動物と偶然に出会ってしまったら…今回はそんなシーンをご紹介。まさかのお猿さんまで登場しますよ! 一体どんな反応をしたのか、どうぞご覧ください!

シーン1:お散歩中の遭遇率高め「ネコ」

お散歩途中で猫に出会った白柴のゆきちゃん。柴犬は猫を見つけると基本的に「こんにちは!」とご挨拶をしたがりますよね。

ということでゆきちゃんも猫に近づこうとしますが…なんて言っている間も無く、猫の方はまるで逃げるように速攻で高い塀の上にジャンプしました。

その様子を見たゆきちゃんはむしろ気持ちが燃え上がり、リードがピーンとなるほどにグイグイ前進し、視線はがっつり塀の上へ。

しかし猫はというと、背中を丸くしながら完全におこモードです。もはや「それ以上近づいたら知らんぞ…」くらいのテンションにも見えます。ということで、今回はお近づきにならない方が良さそう…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

えみつぃんさん(@emituxin)がシェアした投稿 -

 

状況を察知したオーナーさんはゆきちゃんを誘導してしぶしぶその場を離れますが、最後に見えるゆきちゃんの後頭部からは心残り感がプンプンでした。

柴犬たちにとって猫はいつだって、興味の対象なのです。

 

シーン2:自宅警備中にまさかの登場「サル」 

お庭の塀に立ちかかっている柴三郎くん。

これは確実に何かを覗いているような様子ですが、どうぞお隣のお宅に注目してください。柴三郎くんの目の前に、なんとお猿さんが登場したのでした!

そんなふたりは無言で見つめあいます。どんな状況になるのかが読めないため、オーナーさんも心配しているようです。

しかし、驚くことに落ち着いて座り込むお猿さん。そして柴三郎くんが吠えたその時!

そのまま逃げる…とみせかけて逃げない、まさかのフェイントをしかけます。

きっと、相手の様子をうかがおうとしたのでしょうね。だとしたらなんという知能。

もしこれが”犬猿の仲”としての決闘だとしたら、素直すぎる柴犬が劣勢かも…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴三郎&なおさん(@shibasaburo_nao)がシェアした投稿 -

 

シーン3:どうしても遊びたいの…「ヤギ」 

フェンスの中にはヤギが2頭います。そんなヤギを見つめ、しっぽを大きくふって遊びたいモードが爆発中なのは黒柴Lokeちゃん。まるでだだをこねているようなLokeちゃんの声がとっても可愛らしいです。

しかし、もはや気持ちが抑えきれない様子のLokeちゃんはその後、中に入れる場所を探しているのかフェンスの前をウロウロ。

その後は、まるで「遊べるまでは動かない!」とでも言うかのように座り込むのでした。

困ったオーナーさんは先へ進もうと誘導しますが、どうにも諦めきれないLokeちゃん。よほど相手の存在が気になってしまったのでしょうね。

 

しかし、その状況をピクリとも動かず遠くからぼーっと見ているヤギの表情とLokeちゃんの間にはかなりの温度差があり、なんだかちょっと笑えてきちゃいますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lokeさん(@loketheshiba)がシェアした投稿 -

 

今回、初めての出会いについてご紹介しましたが、どのお相手もみんな堂々としている様子に対し、柴犬の方はどの子も興味津々が丸出しで無邪気に見えましたね。

これはきっと、気になる相手と仲よくなりたいという、彼らの好奇心の表れなのでしょう。

 

オーナー的には遊ばせてあげたい気持ちもわかりますが、不意な事故に繋がる可能性がないとは言いきれません。このように偶然の出会いをした時は近づかせずに、オーナーさんが愛柴をやさしく諭してあげましょうね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「コワイ…見なかったことに…」小さな生き物に遭遇した柴犬、わりとビクビクしがち。【あるある】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事