2019年9月22日21,836 ビュー View

【悲報】柴犬、お気に入りのベッドカバーを洗濯されてしまう。なお、ただいま深く苦悩中…【動画】

今回ご紹介するのは、寝床に関してこだわりが強いと言うクセをもつ柴犬。そんな大事な寝床の”カバー”が、この日何の許可もなく突如洗濯されてしまうと言うやりきれない事件が発生。寝ようとしたその時に起きたこの事件、一体どう対応したのでしょうか!?

「一体、どこで寝ればいいんだ」

こちらが今回の主人公、柴犬の○。「○」と書いて「まる」と読む個性的な名前の子です。

かなり凝ったお名前ですが○自身もこだわりは強く、特に自分の寝床には譲れないものがあるよう。

 

そんな○は今このように、わかりやすく絶賛大しょんぼり中。もはや途方に暮れているようにも見えます。

 

どうして○がこんな風に困惑しているかと言うと、このときちょうど○お気に入りベッドのカバーが洗濯されてしまっていたため。

そのせいで、まさにこれから寝ようとしていた○は「どこで眠ればいいんだろう…」と苦悩していたのでした。

 

床の1点を見つめたかと思えば、あたりを探るようなしぐさをするなど、とにかく辛そうな様子に見えます。

しまいには「ママ〜、ベッドで寝られないよ~」とカメラで撮影しているオーナーさんのもとへ。

 

自分のベッドで眠りたい…

寝床にはこだわりが強い○。やはり、どうしても普段使い慣れた自分のベッドで眠りたいらしく、ほかのところではなかなか寝ようとしません。

人間用のベッドを提供されても、このようにどうも決心がつかないようでぼんやり佇みます。

 

ここは、個性の分かれ目ですね。オーナーさんと一緒のベッドで眠りたいという子もいれば、一番落ち着く自分のベッドじゃないと眠れないという子もいるのでしょう。

 

どうやら○は後者のようで、切なそうにオーナーさんを見上げます。

 

しぶしぶ人間用ベッドへ…

「もう、仕方がないのか」という感じで、人間用のベッドに跳び乗る○。

しかしやはり「何か」が違うらしく広いベッドの上をクンクンとかぎ回ります。

 

実はこのとき人間用のベッドカバーも洗濯中で、ベッドには消臭スプレーをかけてしまっていたのだとか。

そのことでより落ち着かないようですが、ほかに寝られそうなところもないので、その場で横になりました。

 

でも、やはりどことなくしょんぼりしている様子。もはやぐったりしているような…。

 

やっぱり自分のベッドがいい。

しばらくすると伏せの体勢を取り、くつろいでいるようにも見える○。

でも目はパッチリと開いたままで、やはり人間用ベッドだと、どうしてもぐっすりお昼寝…というわけにはいかないみたいですね。

 

とは言いつつも、犬用のベッドカバーが乾くまでこのまま待つことに。

ただし、オーナーさんの見込みだとどうやら1日待たないとダメみたい…。

 

そのことを○はわかっているのかいないのか、もはや諦め半分なのか、それともご機嫌斜めになっているのか…ただ単に眠いだけなのか…

いずれにしてもこの表情、色々と思うことがあるようですね。 

 

ベッドカバーと永遠の別れになってしまったかのような○のしょげ返りっぷりが切ないやら微笑ましいやら。

そんな悩める柴犬○の悲しげな心模様を、どうぞ動画でご覧ください。

 

ベッドカバーが洗濯から無事戻ってきたときにやっと、○も安心して眠られるのでしょう。それまでちょっと待っていてね、○。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

さすが柴犬!ある意味“謎”なこだわりポイント教えます

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬