2019年9月30日27,179 ビュー View

カメラ好きな柴犬こまりさん。悶絶シーンを撮影しまくりなオーナーさんにその様子をシェアしてもらう♡

令和生まれの柴犬こまりはやんちゃ盛りのパピー。体が小さくホワホワの柔らか毛並みで、もう何をしていても愛らしく写真うつりは最高! そんなこまりはどうやらカメラが好きなよう。ということで、悶絶シーンがわんさか撮られているようです。今回は、そんな様子をシェアさせてもらっちゃいましょう!

イモムシさんが怖い…。

柴犬パピーのこまりにはお家の中に天敵がいます。それは、いま目の前にいる「イモムシ」のぬいぐるみ。どこが怖いのかは謎ですが、ケージと壁の隙間を通ろうとした時に遭遇してしまいました。

向こう側にいるオーナーさんのもとへ行きたいのに…イモムシが行く手を遮っている…という状況に立たされたこまり。

そんな窮地に立ちつつも、やはりオーナーさんへの気持ちが勝ったよう。「ちょん…ちょん…」と前足で様子を確認したあと、勇気を振り絞って駆け抜けたのでした。

……ってもうこの動画、早速ですが終始キュンだらけで困ってしまう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

❤️こまり❤️さん(@komari_611)がシェアした投稿 -

 

奇跡の効果音で可愛さが倍増♡

フローリングの廊下の向こうに、小さなこまりの姿が見えています。

そしてオーナーさんがトントンと床を鳴らすと、すぐさまカメラのほうへと駆け寄ってきました。おいでと呼ばれて嬉しそうに駆ける姿が、とっても愛らしいですね。

しかし、このトコトコトコトコというタップのような響きは、実はこまりの足音ではなくてオーナーさんが床を叩く音。こまりの走るリズムとぴったり重なってしまったため、まるで効果音をつけたようになってしまったのでした。

偶然にも可愛さが倍増しちゃった様子は、どうぞ音声ONでご覧ください!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

❤️こまり❤️さん(@komari_611)がシェアした投稿 -

 

カメラが寄ると、こまりも寄ります。

ちょこんと床の上に座っているこまりと、その様子を撮影するオーナーさん。

カメラに寄られると、こまりは少し不思議そうに首を傾げました。そしてそのままカメラのほうにのそのそと突進。

そして見所は続きます。パピー特有のほわほわとした毛が、差し込む自然光に白く透けてその柔らかさがなんとも際立っているのです。

もう、何をしているわけでなくてもここまで愛らしいだなんて、罪に思えてくる…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

❤️こまり❤️さん(@komari_611)がシェアした投稿 -

 

「もう、ちゃんと撮ってよ~!」

こまりが今、食い入るように見入っているのはカメラのモニター。

よく見ると、そこにはしっぽを立てているこまりの後ろ姿がうつっています。まるで自分の姿をチェックしているかのようですね。

しかし撮影してもらった写真があまり気に入らなかったのか、画像をスワイプさせると「綺麗に撮れていないのはカメラのせい!」とばかりにカメラにカプッと噛みつく姿が。

こまりは、何をしたってどんな様子だって可愛いのだから、そんなこと気にしなくても大丈夫だよ、と言いたくなりますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

❤️こまり❤️さん(@komari_611)がシェアした投稿 -

 

こまりがカメラのほうに迫ってくると、本当に子犬が近づいてくるような勢いがありましたね。そんな姿を撮影できるのは、やはりカメラ好きでいてくれるおかげでしょう。

躍動的に動く姿には、つい触れたくなってしまった方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、そんなシーンをたくさん撮影できるオーナーさんがなんとも羨ましいですね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬パピーのおすわり特訓中、「できた!?」と思いきやまさかの事態に泣き笑い!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事