2019年10月8日13,509 ビュー View

ボヨ〜ン…ボヨ〜ン?初めてトランポリンに乗った柴犬。その解せない感じがピュアでたまらん【動画】

柴犬のオスカーは庭でトランポリンを発見。生まれて初めての『弾む不思議な物体』にどんな反応をしたかというと…まさに「解せない」と顔に書いてあるような、わかりやすい表情や仕草を見せるのでした。人間じみたその様子には子供のようなピュアさが溢れていて、もうたまらなく可愛いのです!

何だぁコレ…ポンポン。

お庭にある小さなトランポリンを見つけた柴犬のオスカー。さっそく上に乗ってみました。

 

どうやらトランポリンの弾む感じが気になるようで、前足で少しポンポンしています。

 

お家の床や、お散歩コースの地面とも違う、なんとも言えない感触や弾力が不思議なのでしょう。

 

前足で弾みながら「何だコレ?」とばかりに調査を開始。

 

噛んでみようかな? アググッ…

ポンポンと反応するトランポリンの”張った布”の部分が気になっているオスカー。

手の代わりとも言えるお口を大きく開けて、とりあえず噛んでみることに。

 

気になるものはとにかく調査をしよう、ということなのでしょう。

 

しかし、トランポリンの布はピンと張っているため、当たり前ながらアグアグはできません。

 

ということで、再び前足で調査を進めます。でも、やっぱりコレがなんなのかわからない様子。

 

しかしオスカーは諦めない。ということで、いざ次の作戦へと移ります。

 

ホリホリならどうだろか?

ということで、お次は前足でホリホリ作戦に移りました。

 

わりと高速なホリホリをしてみせるオスカー。しかし相手は手強いようで、これまた当たり前ながら、全くホリホリできずにいます。

 

しかし、とにかくこの物体がなんなのか、自分の体で確かめたいオスカー。

柴犬の好奇心旺盛さを感じますね。

 

でも…残念ながらホリホリ作戦も失敗。

 

アグアグできない、ホリホリできない…と困ったオスカー、次の手はどうするのでしょうか。

 

オーナーさんに顔で質問。

次の手はなんと、「ねぇコレ何?」とオーナーさんに質問するというなんとも初歩的な手に出ました。

一周して、もう手に負えないと思ったのでしょうね。

 

その時のお顔がコチラ。

 

眉を八の字にひそめて、分かり易すぎる表情で見つめています。

 

噛めない、ホリホリできない、上に乗るとなんだか弾む…というこの謎の物体。

その解せない気持ちがもう全面に出ていますよね。

 

苦悩しているオスカーには申し訳ないけれど、人間感あふれるこの表情にはどうしたってニヤケてしまう…。

 

調査を経て、上達してしまったオスカー

トランポリンを、噛む&ホリホリするものではないと悟ったオスカー。

 

その後は、その弾みが楽しくなってきたのか、前足で器用にバウンドを開始。

 

ってあれ、最初のころより上達している…!

どうやら飲み込みが早い子のようです。上手に遊べ始めたのでした。

 

本来の機能的にもこの様子はまるで遊んでいるように見えますが、とはいえこの謎の物体が最後まで気になるようで、カメラに向かって相変わらず「何コレ?」な表情を見せています。

 

しかし、飲み込みが早いオスカーですから、トランポリンが弾むオモチャだと完全に理解する日はきっとすぐにやってくることでしょう。

 

まるで解せない様子のオスカー。その困り顔にも注目してどうぞご覧ください!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

初めてスイカをもらった柴犬。「食べてよし」に見せた反応が思ってたのと違う…!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事