2019年10月5日15,736 ビュー View

「ヴ〜…」飼い主は笑顔、そのお父さんだとブチ切れ。相手によってかなりの違いを出してくる柴犬小太郎に涙。【動画】

柴犬小太郎はマイペースで、柴犬らしいこだわりなんかを持ちつつも、普段はとても穏やかな子です。そんな小太郎ですが、わかりやすく態度を激変させてしまう人がいます。それは、オーナーさんのお父さん。もはや涙無くして見られないような様子をご覧ください…。

お父さんに呼ばれて牙をむく小太郎

小太郎が柵の向こうに立っています。フサフサとしたしっぽは綺麗にクルンと丸まり、おめめもクリクリ、一見すると愛嬌のある顔立ちをしているのですが…。

 

左上から手を差し出しているのは、このお宅のお父さん。

そのお父さんが手をかざしただけでこの通り…

 

「なんじゃコラ!」とばかりに牙を見せつけるのでした。

 

お父さんは「小太郎」と優しい声で名前を呼んでいるように聞こえるのですが、いったい何がそんなに気に触るのでしょう。

 

その答えは、どうやら小太郎にしかわからないよう。

家族なのに…そんなの悲しすぎます…。

 

オーナーさんに呼ばれニッコリする小太郎

でも、もしかするとこの日の機嫌が悪かっただけなのかもしれません。

 

それでこんなにお父さんへのあたりが強いのでは? お父さんだけでなく、誰にでもこんな態度なのかも……という考えは、次の瞬間に打ち砕かれます。

 

別の方向から今度はオーナーさんが「小太郎」と声をかけてみたのです。

するとそちらのほうへ向いて「なあに?(ニコッ)」とばかりに優しいお顔に。

 

これは…とびきりかわいい表情だ…。

 

その態度の急変ぶりにはびっくりを通り越し、お父さんには恐縮ながら笑えてきてしまいます。

 

お父さんにはやっぱり…

オーナーさんに呼ばれたあと、再びお父さんが名前を口にします。

 

すると、とたんに鼻にシワを寄せて怒る小太郎。

再び牙を見せ、さらにはお父さんに向かってしっかりとした吠え声まで出しているではないですか。

 

もう「名前も呼ばせねえよ!」とばかりの怒りっぷりで、徹底的にお父さんの呼びかけを拒否しているようです。

 

一瞬で態度を変えられるのがスゴイ

そしてオーナーさんに声をかけられると「はぁい」とばかりに再び笑顔でこたえる小太郎。

 

その時もお父さんの存在が気に触るのか、「なんだよ」とチラチラ気にしながらこたえています。

 

その態度にはつい「どんだけ!」と言いたくなりますが、お父さんが名前を呼ぶ前からその雰囲気を察し、鼻筋にシワを寄せて怒るスタンバイまでする徹底ぶりはスゴイ。

 

そして名前を呼ばれようものならすぐさま吠えるのです。

 

今後、お父さんと小太郎の距離は縮むのでしょうか…。

 

小太郎とお父さんの今後の関係性がとても気になるこの動画。

でも、小太郎も心底お父さんを嫌いというわけではなさそうですし、何かのきっかけで仲良くなることもあるかもしれませんよね。

 

その日が来たら、お父さんにも極上の笑顔を向けてあげてね!

そしてオーナーさん、ぜひその様子をまたアップしてください!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【ぬーん】柴犬がアレコレめっちゃ文句言ってる姿が可愛すぎワロタ【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事