2019年10月21日13,853 ビュー View

「パパ起きてー!!」柴犬が目覚ましのように起こしに来てくれる様子を見たら…なんか羨ましかった【動画】

柴犬たちはオーナーが大好き。それはもう想像するより遥かにラブなのです。今回は、『オーナーのことが大好きすぎて、朝起こしにきてしまう柴犬』を客観的に撮影した動画をご紹介。その様子を見たら…なんなんだこのうらやましい光景は…! となりますので、”見る柴”のみなさんはどうぞ気持ちの高ぶりすぎにご注意を。

ドスンと乗っかり、ジタバタからスタート

 

早速ですが、めちゃくちゃ可愛い物体に動きを抑えられているオーナーさん。

この時点で羨ましい状況ですね。

 

ということで、こちらのオーナーさんの1日は、愛柴に乗られて起こされるところからスタートしました。

 

たった今までぐっすり眠っていたオーナーさんの脇の下に、なんとしても潜り込もうとする柴犬。

 

この静止画からも、躍動感は伝わることでしょう。

 

朝イチでこんなに可愛いドリルを食らったら、もはや悶絶して起きられそうにない…。

 

無理やり腕枕されにいく

「この角度から潜り込むのは難しい…ならば、反対側からだ!」

 

とでも考えたのでしょうか。

柴犬は最初に潜り込もうとした方向とは反対側から突っ込むことにした模様。

 

しかし、自ら腕枕をされにいく姿に、オーナーさんへの愛を感じざるを得ない…。

 

どんなに押しのけても…

柴犬があまりにもグイグイくるため呼吸がしづらくなってしまったのか、いったん柴犬を押しのけるオーナーさん。

 

しかし、顔をあげればもふもふ桃尻があるだなんて…なんというけしからん状況でしょうか。

 

…ではなく、柴犬は根気強い性格。

ここで諦めるようなら、柴犬の名が廃るというもの。

 

ということでもちろん、まだまだ目覚まし業務は続行されます。

 

関係なく突っ込みます

たとえ押しのけられても、目的を達成するまで諦めないのが柴犬というもの。

だって、早く起きてもらわないと、遊べませんから。

 

「大好きなあなたと、今すぐにでも遊びたいんです!」

 

なんて思っていることでしょう。

ということで、「これでもか!」とばかりに今度は顔に直接突っ込んでいきます。

 

これにはさすがのオーナーさんも防御の姿勢に出ますが、手のひらで遮られた程度では全くノーダメージの柴犬。

 

その後も「もはや人では」と思えるようなやんちゃなポーズで果敢に攻め込んだり、

 

えいっと飛び乗ったりして、執念の目覚ましを続けた結果…

 

ついにオーナーさんも根負けしたのか、その後はしっかりと目を覚ましたようです。

 

なかなか激しいものでありましたが、なんという夢のような寝起き…と思ってしまいますね。

 

目覚まし時計や家族に起こされるのはイヤだけれど、柴犬が起こしにきてくれるのならきっとすんなり起きられそう…と思った方。

そんな方は、柴犬目覚ましはいかがでしょうか!?

 

でも毎朝が待ち遠しくなって、逆に先に目を覚まして待ってしまうかも…。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

大好きなパパ。「一時も離れたくない」とドアの前で待つ柴犬たちが健気すぎる…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事