2019年11月5日12,643 ビュー View

生後2か月の柴犬パピー。夢をみているようなモゾモゾ寝相が可愛すぎて悶絶まっしぐら。【動画】

起きている間はちょこまかと動きっぱなしなパピーたち。せめて寝ている間は大人しいのかと思ったら、そんなことないみたいです。眠っていても、あっちへゴロリ、こっちへゴロリとモゾモゾと動いていたのでした。もはや悶絶級の様々な可愛い寝相を観察してみましょう!

なんども寝相を変えていく柴犬パピー

カーペットの上で横になり、ぐっすりと眠っているのは生後2か月の柴犬。

BGMとして音楽は流れていますが、見ているだけでも「スースー」という寝息が聞こえてきそうです。

 

柴犬の名前は「幸(さち)」。

オーナーさんの家にやってきて2日目だそうですが…すでにこのくつろぎっぷり! 

 

早くも「我が家はさいこう」なんて思っていそうな寝姿ですね。

 

仰向けにゴロリ。

そのまま観察していると、なんと寝返りを打って仰向けに。

おや、目を開けたようだけれど、もう起きるのかな? …と思ったら、再び眠りに落ちてしまいました。

 

しかし、幸のしっぽはまるで筆の先のようですね。

根本が太く先端に向かってまっすぐ細くなっていて、ぽふっと落ちている感じがなんともかわいらしい。

 

前足をピーン!

そうこうしているうちに、幸はまた寝相を変えました。今度の寝方はちょっと変わっていますね。

 

うつ伏せになり、前足をピーンと前方へ一直線に。

まるで空を飛んでいるかのようなポーズですが、空飛ぶ夢でも見ているのかな?

 

そして、見逃せないのがこのしっぽ。これまた愛らしい形になっていますね。

今度は象の鼻ようなカーブを描いて、先の方だけ床にちょんと着けてクルン。

 

黒豆みたいな肉球…。

カーペットよりも冷たい床の上のほうが気持ち良く寝られるのか、幸は寝る位置を大きく変えたようです。

 

そして、走っている夢でもみているのか、眠りながらおててをピクピク。

 

足先だけをピクピクと動かす仕草は、もう言葉にならない愛らしさ…。

 

どうか、怖い夢じゃありませんように。

今度は、お顔だけカーペットの上に乗せています。

そして、また幸の前足はピクピクと動いていますが、さらには耳や鼻、まぶたまで連動したように小刻みにピクピク動き始めました。

 

いったい何の夢を見ているのでしょう。

オーナーさんはいい夢であることを祈っていましたが、我々もそう願わずにはいられませんね。

 

子犬が眠っている姿は、ただ眺めているだけでも飽きのこないもの。

むしろ、いつまでもずーっと見ていたい気持ちになります。

 

「もし体を撫でたら起こしてしまうかな? でも、気持ち良さそうに寝ているからこそ撫でてあげたい!」

…なんて見ている側は葛藤もありますが、それすら含めて幸せな時間と言えるでしょうね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬が、幸せそうにお庭でスヤスヤ寝ているだけ。それだけでこんなにも愛おしい。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事