2019年11月15日9,856 ビュー View

(コワイ…)柴犬たちの楽しいお散歩に度々登場する憎っくき強敵…その相手がコチラ。【動画】

みなさんの愛柴はお散歩コースで苦手な場所などありますか? 実は、柴犬たちを困らせる強敵とも言える場所が、日本各地にたくさんある模様。今回は、そんな場面に遭遇した柴犬たちの動画をご紹介します。どうぞ、彼らの奮闘ぶりをご覧ください。

お散歩中に現れるグレーのアイツ

柴犬モモは楽しくお散歩中。しかしとある場所に到着すると、モモの楽しいお散歩気分は一変します。

 

そう、その場所とはこれ。「グレーチング」の前でした。

 

4本脚を突っ張らせてまるでイヤイヤさん状態でリードを引っ張らせます。

とにかくこのグレーチングが嫌いなのです。

 

ジャーンプ…でも届いてないぞ…?

しかし、嫌いなグレーチングをこえて進まなければお散歩にならないことをモモはしっかりと理解しています。

 

だから早めに意を決し、しぶしぶの大ジャンプ!

 

「えいっ!」

柴犬,YouTube

出典:YouTube(Jun Propela)

 

「ズサッ!」

 

ん…?

 

気のせいか、踏み込んだ時も着地した時も、結局グレーチングの上のような…。

 

しかし、きっとモモ飛び越えているつもり。

しっかり踏んでいたとしても、モモが気にしていなければ、それでいいのです!

 

直前でビンビンに警戒中

楽しいお散歩コースで、柴犬さくらが必ず歩みを止めて警戒する場所。

それがやはりこのグレーチングの前。

 

まるで敵を警戒するかのように、グレーチングの前でウロウロしています。

 

「まったく…どのあたりから飛ぼうか…」なんて思案しているのかもしれません。

 

さすがの柴犬も、急に飛ぶと思ったようにジャンプできないでしょうから、ジャンプのイメージを描くことも大切なのでしょう。

 

軽やかにジャンプ…成功!

その後、左右にウロウロして理想的なジャンプコースをイメージできたであろうさくら。

 

そして、軽やかにジャンプをキメます。

 

「とうっ!」

 

「着地〜っ!」

 

これはなかなかお見事なジャンプでした。

どんな時も、勝負前はイメージを描くことは大事なようですね。

 

さて、無事に難関を乗り越え、楽しいお散歩も終了!

お家に帰って美味しいご飯を食べてね。

 

私たち人間にとっては気にならない地面のグレーチング。

しかし、人間と比べて足のサイズが小さい柴犬にとっては、この格子の上に体重を乗せて歩くのは怖く、場合によっては痛く感じることもあるでしょう。

 

万が一愛柴がグレーチングを嫌がったら、お散歩コースを変更する、格子の上だけは抱っこ移動をするなど、特にシニアや関節が弱い子などにはよりしっかりと対策を考えてあげてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「怒ってるぞ、ぼく!!」苦手なブラッシング。気持ちをがっつり顔に出しつつも受け入れる柴犬が素直かわいい【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事