2020年4月26日54,578 ビュー View

「病…院…」悟った途端、動揺してフリーズしちゃった柴犬。そんなの心から応援するしかないよ!【動画】

犬にとっても病院は嫌なものです。しかも、病院に行くということは伏せていても、なんとなく察する勘の良さがあります。そんな柴犬たちの様子を見たら、どうしたって応援しないワケにはいかないのです!

お散歩行くよ~!

いつものように外に出て、オーナーさんと散歩に出かけた柴犬だいすけ。ルンルンと軽やかな足取りです。

 

これは、このまま軽快に向かってくれそうな気配!

 

まさか…!?

と思いきや…。次第に足取りが重くなり、ピタリ。

 

「まさか…病院?」

 

何とも感の良いだいすけ。どうやら気付いてしまったようです。

 

遠くを見つめるだいすけのこの切ない表情…。

なんとも言えません。

 

イヤ! 行かない!

そして完全に前進を拒否するだいすけ。

 

来た道を帰ろうと、リードを引っ張って回れ右。

 

そして座り込み「行かない!」と決意表明を。

 

リードに引っ張られた首輪で、頬のお肉がむぎゅっ。

もう絵に描いたようなイヤイヤさんだ…。

 

何とも勘の良いだいすけなのでした。

 

ジッと見つめる…

ドアの向こうから、何やら怪しげにこちらを見つめているのは柴犬はち。

 

このときはまだ病院に行くことは知らされていませんが、なんだかそう察知しているようにも見える気が…。

 

犬の感はとにかく鋭いもの。

 

やはり、勘付いているのかもしれませんね。

 

事実を告げられ、フリーズ。

車に乗せられ、いよいよオーナーさんから病院に行くことを告げられます。

 

すると、完全にフリーズするはち。

 

「…え?」

 

そして「行こうか…」と出発しようとすると、「キュンキュン」と戸惑いの声を出しパニックに。

 

この声には、胸が痛みます…。

 

無事に終わり、ホッ。

しかしはちは、普段からとっても良い子。

 

無事に診察を済ませることができ、ホッとした様子です。

 

「もう、怖かったよ〜」

 

とはいえ、安堵の表情をみてこちらも安心!

 

イヤな病院だけれど、頑張ったねはち!

 

病院とわかった途端に動きが固まってしまっただいすけとはち。

 

健康のためには必要だと分かっていても、オーナー的には嫌がる姿を見せられると、やはり切ない気持ちになりますよね。

 

とはいえ、キュンキュンと甘えて来られると、その分「この子を絶対に守る」と言う気持ちにもなるもの。

 

なるべくストレスを与えないように、「我が子への工夫」をして乗り切らせてあげてくださいね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「あかん、こわい」雷が怖い柴犬。恐怖心を追いやる為にとったこの後の行動に、飼い主もまた「あかん」な事態に…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬