2020年6月8日4,868 ビュー View

(取れん…)オヤツが背中に乗ってしまった柴犬。アレコレ奮闘するも苦戦し、最後の手段はもちろん「ママ…」【動画】

普段はキリッとした柴犬も、たまにとてもどんくさい時があります。柴犬Yogiはどういうわけか「オヤツが自分の背中に乗ってしまう」という事態に遭遇。それだけですでに可愛く思えるものですが、奮闘シーンもまた愛らしいのです。つい応援したくなること必至!

なにやら、背中を気にしています

リビングでくるくると回っている柴犬のYogi。しきりに背中を気にしているようですが、なんとオヤツが乗っていて、これが食べられなくて困っていたのです。

 

なんとか首を伸ばしてゲットしようとするものの、うまくいきません。

 

オヤツを追い回しているうちに、くるくると回ってしまいました。

 

体をプルプル…落ちない…。

回っていてもオヤツが取れないと分かったYogi。今度は体をプルプルと振ってみました。

 

(ブルブル!!)

 

しかしオヤツもなかなかしぶといようで落ちてきません。

 

体を振ってもだめだった…と言うことで再びくるくる。

 

早く食べたいという思いと、体の上に何かが乗っている違和感で落ち着かないのでしょう。

 

思わず手を貸したくなる状況です…。

 

ぐるぐる一本に絞った

手っ取り早くどうにかするためにはこれが一番と思ったのか、とにかく回る作戦でオヤツを取ろうと考えたYogi。

 

先程までの流れを見ているとあまりいい案には思えませんが、Yogiは悩む間も惜しいのか、ひたすら回り続けます。

 

(もお…!!)

 

それにしても、右から回っても左から回っても全く取れなオヤツ。

 

ちょうど難しい位置に乗ってしまったのですね。

 

ここまでくると、Yogiも明らかに困っているようです…。

 

最後はオーナーさんが…!?

と言うことで、頻繁にオーナーさんに目をやるようになったYogi。

 

可愛いと思って撮影していたのでしょうが、さすがにオーナーさんも不憫に思ったのでしょう。口笛でYogiを呼びました。

 

しかしYogiは「今忙しいのよ!」とばかりにオーナーさんの口笛を無視。

 

何と言うことだ…。

 

夢中ならば仕方がない…と言うことで、オーナーさんは自らYogiのほうへ歩いていき、背中のオヤツを取ってあげました。

 

そしてついにYogiはオヤツをゲット。

 

たった1つのオヤツを食べるのに、ずいぶん時間がかかってしまったね…!

 

絵にかいたような困惑の表情を浮かべて、くるくる回るYogi。

なんだかとても愛らしく感じましたね。

 

しかし同時にとにかく集中しているようで、オーナーさんの口笛すら無視だなんて、オヤツへの深い愛がひしひしと感じられてしまいました。

 

ところで、オヤツは何でそんなところに不時着していたんだろう…?

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ボールちょうだい」と出された手に自信満々で「お手」しちゃう愛すべき柴犬、どんぐり【勘違い動画】

いいなと思ったらシェア

  • ウルフ,柴犬

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬