2020年6月21日49,703 ビュー View

犬やめた…?人間になりかけ中の柴犬。我が家の警備すら、まるで怠るような態度を取り始めたらしい…【動画】

今回ご紹介するのは、もう犬であることをやめたのかと思わされるような姿を見せる柴犬の様子です。きっと今、絶賛人間になりかけている最中なのでしょう。その姿を見たらきっと「はい? なに言ってんの?」なんて、とてもいえなくなると思います。やたらと親近感が湧く姿をどうぞご覧あれ。

人間になりかけた柴犬

今回の主役はゆきちゃん。まん丸おめめが可愛い3歳の柴犬女子です…多分。

 

多分…とか言いたくもなってしまいますよ。だって動画冒頭から、ソファの端っこで肘掛に体を預けながら、毛布を膝にかけてぼんやりした姿が映し出されるのですから…。

 

これを見たら納得でしょう。

 

どう見ても、あのキリッとしたイメージの柴犬の姿とはかけ離れていますから。

 

その後も、全く動く気配のないゆきちゃん。

どうやら眠ろうとしたものの、眠れなかったようでオーナーさんが撫でてくれました。

 

すると、わかりやすくうっとり顔に。

 

リラックスを深めたのか、頭を肘掛に乗せて、なおくつろぐゆきちゃんなのでした…。

 

もう…これは一言でいえば「相当可愛い」と言うことで間違いなさそう。

 

こんな人間…いや柴犬が家にいたら、もはや癒しのカタマリなんていえそう…。

 

そんな柴犬の警備業務は…?

と言うことで、ゆきちゃんが「人間になりかけている」と言えそうなことは伝わったことでしょう。

 

そんな柴犬を忘れかけ始めたゆきちゃんの日課である「我が家の警備」の時間をご紹介します。

 

この警備、柴犬たちは24時間いつだって作動するレベルにある、かなり緊張感を伴って行われている業務であることはみなさんもご存知であるはず。

 

しかしゆきちゃんの場合。

これは動画でご覧いただくのが良いかと思いますので、どうぞ再生してください。

 

注目すべきは『後ろ足』です。

 

人間になりかけているゆきちゃんの警備風景、いかがだったでしょうか。

 

もはや、「ゆき警部、奥で眠っていてください」なんて声をかけたくなる姿だったのではないでしょうか。

 

時代とともに、彼らの姿が変わっていくのもおかしなことではないのでしょう。

 

それだけ、お家での居心地がいいと考えたら、本当に幸せな光景といえそうですからね。

 

ゆきちゃん、今度一緒に縁側でお茶でもすすりませんか…?

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「もう、だら柴ないな〜」とつい突っ込みたくなるオフモードな柴犬たち

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬