2020年7月10日23,492 ビュー View

(ギュッ…)初めて洗車にお出かけした柴犬の赤ちゃん。慣れない環境が怖くてママにしがみつく…ってもう可愛すぎ【動画】

今回は、オーナーさんと一緒に初めて「洗車」にお出かけした柴犬パピーの様子をご紹介。やはり慣れない音には怖がってしまったようで終始甘える仕草を見せるのですが、その姿を見れば胸が締め付けられると共にキュンとしてしまうような、とても複雑な気持ちになるのでした…。

「何? 雨の音?」

オーナーであるママさんと車に乗っているのは柴犬のKiba。ザーザー、バタバタと、なにやら変わった音がしています。

 

「なんの音…?」

 

もちろん、犬の聴覚はとても優れたもの。

しっかりとこの謎の音に反応しています。

 

そうです、今はまさに洗車を開始するマシンに入るところ。

そのため、大きな音が出ていたのです。

 

ソワソワしはじめる

聞きなれない音にKibaはわかりやすくソワソワ。もはや大人しくなんかしていられません。

 

キョロキョロして、音の正体探ろうと真剣なお顔つきに。

 

しかし、もちろん正体が掴めないKiba。

 

まるで甘えるかのように「ママ怖い…」なんて、オーナーさんの膝にぴったりくっつきました。

 

こんな風に頼られたら、どうしたって守ってあげたくなる…。

 

しかし、不安になっていることはかわいそうだけれど、この姿は愛らしいのそのもの。

 

ごめんねKiba。でもとっても可愛いよ…!

 

脇の隙間にモゾモゾ…

その後洗車の音が一段と音が大きくなり、Kibaの心はもう限界。

 

もしかしたら敵が襲ってきたとでも思ったのでしょうか。

恐怖でオーナーさんの脇にお顔をうずめて隠れてしまいました。

 

(ひえええ…)

 

もしかしたら、もうパニック状態なのかも…。

 

でもやっぱり、この小さく丸まった背中が可愛すぎです。

 

守ってあげたい気持ちでいっぱいになりますね。

 

「Kiba、大丈夫よ」

あまりにKibaが不安になっている姿をみて、心配したオーナーさんがやさしくなでなで。

 

オーナーさんに撫でられることほど安心する手段はないでしょうからね。

 

「ほんとに…?」

 

と言うことで、ここでやっと落ち着きを取り戻します。

 

やっぱり大好きなオーナーさんの手は魔法の手なのでしょうね。

 

とはいえ、最後は少し安心したものの、当分洗車は遠慮したいKibaでした。

 

初めての経験に怯えてしまった様子は見ていて胸が締め付けられるような思いでしたが、ここまでわかりやすく甘えられたらオーナーさんも心から守ってあげたい気持ちが湧いたでしょうね。

 

しかし、ここまで怖がってしまうとは思いもしなかったことでしょう。

 

今後は、洗車のタイミングではしばしお留守番をしてもらった方が良さそうですね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

初めてのお外に微妙な面持ちの柴犬パピー。しかしどこからどう見ても、どの瞬間も可愛さしかなかった。【動画】

いいなと思ったらシェア

  • パナソニック,掃除機,柴犬

おすすめ記事

  • 柴犬ライフ,ジュイクル