2020年8月5日16,878 ビュー View

「もう…アウアウ…だよ!!(怒)」柴犬、ついに喋り始める。その姿が可愛いのなんのって!【動画】

いよいよ、柴犬が喋る時代に突入したのかもしれません。今回ご紹介する柴犬おにぎりくんは、自分の気持ちをしっかりと申しているのです。しかも、時には日本語を話す時も…!? どうぞ、にわかに信じがたい光景を動画でご確認ください!

お…? 今なんと…?

動画冒頭から、何かを訴えるように短く「アウッ!」「ハウン!」と文句のような発言をしているおにぎりくん。

何か気に食わないことでもあるのでしょうか?

 

その後、しばしオーナーさんと甘噛みのような仕草で戯れるものの、画面が切り替わると「ダメ」と何かを諭されているおにぎりくんの姿が。

 

それは、先ほどの甘噛みを「噛んじゃダメ」と言われていたのです。

 

その話をキョトン顔で聞いていたおにぎりくんですが、そこで…ついにきました。

 

「ごめん!」

 

おおお…!

 

オーナーさんのお叱りに対し、ついに「ごめん」というような声をあげたのです。

それも、何度か…。

 

しかし、この動画のタイトルは「日本語を話せるようになったかもしれない柴犬」です。

 

皆さんの耳にはどう届くでしょうか!?

 

犬語はもちろん得意だよ

さて。先ほどの動画の「日本語」については皆さんどう受け取ったでしょうか。

お次は、しっかり「犬語」を喋る姿を見せてくれますよ。

 

この日は、お庭で過ごしていたおにぎりくん。

 

椅子の角や人工芝を噛んでいますが、意味もなくやっているよう…イコール、少し退屈な時間を過ごしていたようです。

 

そこで「どうした?」とオーナーさんに問われると…

 

「ゥアーーン、ア〜ウアウ〜!」

 

ものすごく不満な気持ちが込められた、なんともやるせ無い雰囲気でおしゃべりを始めたのです。

 

伸ばすようにあげた声からは「もぉ〜退屈!」と訴えていることがしっかり伝わるもの。

 

そして、お部屋の方にジャンプするような仕草、しまいには意味もなくサンダルを噛んでその気持ちをぶつけるのでした。

 

ということで。

 

結果的には、『柴犬がおしゃべりすると、不思議なものでしっかりと「犬語」を喋ってもらった方が、人間には理解できる』ということでしょう!

 

自分の気持ちを、甘えるようにぶつけながら喋るおにぎりくんの姿は可愛かったですね。

 

彼らと共通言語はないものの、気持ちが分かり合えるということは本当に嬉しいこと。

 

また、こちらが正しく理解できた分だけ、彼らからの信頼も厚くなるのです。

 

これからも、日々気持ちを汲み取って過ごしてあげましょうね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ごはん!ごはん!」やたらと喋る柴犬。むしろマシンガントークで、とにかく超可愛いんだが。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬