2020年10月22日12,399 ビュー View

飼い主「伏せ!」柴犬(ゴロンッ)なんか思ってたのと違うヤツだけど、可愛いから全然許す【動画あり】

今回紹介するのは、「伏せ」のポーズがちょっと他の子と違う柴犬たち。伏せをするはずがどうしてもゴロンになってしまう子もいれば、なぜか臨戦態勢なポーズの子も。よくそこまで「伏せ」ひとつでバリエーション増やせるよね。さすがっす!

どうしてもゴロンしちゃう

しつけ教室で伏せを習ってきたばかりの梅ちゃん。さあ、練習の成果を見せる時です!

 

オーナーさんに指示をされて、伏せをする梅ちゃん。

よしよし、いい感じだぞ…と思った次の瞬間。

 

(ゴロンッ!!)

 

なんで転がったし…。

 

まるで「ねえ、なでて〜!」とばかりに横になってしまいました。

梅ちゃん、それは伏せではなくゴロンだよ。

 

今習ってきたって…もしかしてウソ…?

しかしこれはこれで可愛いから、まあいいか!

 

いつでも立ち上がれます。

Kingoくんの伏せをご覧ください。モミモミしているような激カワ前脚はまあこの際おいておいて…問題は後ろ脚です。

 

本来ならばペタンと床についているはずの後ろ脚が、片方だけスタンバイ状態。

 

いつでも立ち上がれるようにしているの?

臨戦態勢なの?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ShiroShiba KINGO(@gogokingo)がシェアした投稿 -

 

見ればみるほどジワジワくる伏せですね。

 

しかも「なにか問題でも?」と言いたげなKingoくんの表情よ。

 

なんかもう、これはこれで最高だわ。

 

新体操の選手かな!

こちらは、美しい伏せをすると評判のきたみちゃん。いえ、むしろきたみ選手とお呼びした方がいいかもしれません。

 

では実際に披露していただきましょう。

きたみ選手による美しい伏せを。

 

(ペタン)

 

なんて柔軟なの…。

 

まるで新体操選手のように後ろ脚をピーン。

そしてそのまま床にお腹をつけました。

 

ええ、もちろん通常の伏せとはちょっと違いますが、華麗さ、そして美しさは抜群でしょう!

 

伏せというシンプルなポーズにすら個性を発揮する柴犬たち、さすがでしたね。

 

ただし愛柴がいつもと違う伏せを突然始めた時は、どこか痛む部位がないかチェックしてあげてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(シャッシャッ…ピーーン!!)…ってなにその余韻。用を足した後のケリケリが独特過ぎな柴犬。なんかつい見ちゃうわ…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬