2020年11月14日18,896 ビュー View

(チョン…)猫の触れ方がわからない柴犬。まさかの後ろ足まで使って、ビクビクしながら頑張ってた。下手すぎか【動画あり】

「大好きなあの子にどう接していいかわからない…」そんな甘酸っぱい想いを抱えているのは、少年少女だけではありません。なんと柴犬たちも不器用なりに頑張って行動しているようですが、ちょっとばかり下手が過ぎるんだわ…。

かまってアピールの下手さよ。

柴犬の勘三郎くんは、猫のガクにゃんと遊びたいようです。前足で優しくガクにゃんの背中に触れますが反応してもらえません。

 

「これでは伝わらないのかな?」と思ったであろう勘三郎くん。

その後にとった行動をご覧ください。

 

(ちょん…ちょん…)

 

まさかの後ろ足でちょんちょん。

前がダメなら後ろってか…。

 

いや、なぜそれでいけると思った。

むしろパンチなんかを喰らってしまいそうですが…。

 

しかしその後も勘三郎くんのアピールは続きます。

でも結局ガクにゃんにはフラれてしまいました。

 

そりゃそうだよね。

もう、不器用すぎて愛しくなっちゃったよ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kanmama(@kiyomin.z)がシェアした投稿

 

愛し方がハードすぎる。

琴ちゃんはお兄ちゃんのりきまるくんのことが大好き…なのですが、ちょっとばかり愛が激しすぎる模様。

 

まったりとイチャイチャしているときも、この通り…

 

(むぎゅうぅ…!)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

りきまる&琴⭐︎白柴(@rikimaru.haha)がシェアした投稿

 

お顔潰さんといてー!

もうグチャってなっているよ〜…。

 

でもその場を動かずに相手をしてあげているあたり、りきまるくんも満更でもないのでしょう。

 

琴ちゃん、お兄ちゃんに愛されているね〜♡

 

好きすぎて食べちゃ…ったのね。

こちらも愛が深すぎてやりすぎてしまったパターンです。

 

黒柴の雷(らい)くんは、きょうだい犬の桜(おう)ちゃんをバクリ。

 

それはもう、カプッとかアムッとか可愛い表現では済まされないレベルです。

 

(バクリ)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

佐橋 大輔(@daisuke.sabashi)がシェアした投稿

 

食べる気なの…!

もはや食べて独り占めしたいほどに愛しているの…。

 

しかしバクリといかれている桜ちゃんの方も、なんだか受け入れているように見えるような。

 

2頭とも、とにかく互いへの愛情が深いことはよくわかりましたよ。

 

 

好きすぎるがゆえに、ナゾな行動に出てしまう柴犬たち。

この不器用なところがまた愛おしいのですよね。

 

でも、食べるのはちょっと…やめておこうか。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

カプー!弟猫からの激しい愛を受け止める柴犬。何をされても怒らない姿には、それを超える大きな愛情を感じるよ…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬