2020年11月30日48,382 ビュー View

ナデナデは超嬉しい、少しでも鼻に触れると激おこ…喜びと怒りが入り混じった、複雑なお顔の柴犬にときめいた【動画】

今回ご紹介するのは、撫でられて嬉しいけれど、少しでもお鼻に触れるとつい鬼おこ顔になってしまう柴犬をご紹介。そのギャップが激しすぎて、申し訳ないと思いつつニヤけちゃうのです。嬉しいのかおこなのか判別が難しくなってしまうような複雑なお顔は…ごめん、やっぱりときめく!

なでなでは超嬉しい!

こちらの柴犬はどうやら、感情表現が『超』豊かなよう。

今は頭をマッサージされるようにワシワシッと指で撫でられています。

 

よほど気持ちがいいのでしょう。

お耳がペッターンと広がっています。

 

しかも、まだまだ続けて欲しいのか広がりっぱなし。

 

勝手にお耳を広げられたらもう、満足するまで撫でてあげたくなっちゃいますね。

 

合間にお遊びを挟む…

するとここで、オーナーさんのちょっとした遊び心がムクリ。

 

そう、指のワシワシッを『マズル』にしてみたのです。

 

すると…

 

あ、怒っちゃった…。

 

マズルに触れられることが嫌なのか、まるで『鼻スイッチ』があるかのように、わかりやすくしっかりムキ顔になるのです。

 

しかし、その姿さえ可愛く思えて仕方がないのがオーナー心。

オーナーさんはまたやってしまいました。

 

(ムニッ)

 

ということでもちろん…

 

(キッ!!)

 

レベルアップしたムキ顔に。

 

べったり倒れていたお耳もピーンと立ってしまいましたね。

 

でもこのギャップがもう、たまらなく愛らしいわけです…。

 

ごめんね! マッサージ再開

さてちょっぴり怒らせてしまったということで、再びマッサージを再開。

 

(ワシワシッ)

 

「まったく…」なんて思っていそうなお顔のまま、再びお耳がべったり。

 

やっぱり気持ちが良いし、とにかく嬉しいのでしょう。

 

とはいえ、先ほど出てしまった犬歯がしまいきれてないようですが…。

 

ということで、喜びながらもちょっぴりおこ的な複雑なお顔に。

 

しかしここで、オーナーさんが手を離すと…

 

(キッ!)

 

まだ何もしていないのに、怒る準備万端。

むしろフライングして少々怒っているようです。

 

まだ何かするとか言ってないよ〜…と言っている側からオーナーさんが再びお鼻スイッチオン。

 

(ムニッ)

 

ああ押しちゃった。

ということで…

 

(ムキッ…!!)

 

あああ…今度はお鼻にシワが…!

 

さっきより俄然強気におこのようで、恐ろしさマシマシ、舌まで出てしまったようです。

 

おおお…めっちゃおこ…!

 

これは、確実に押してはいけないスイッチだったようですね…。

 

「おい飼い主さんよ、1回目でわかっておけ…!」なんて念が込められていそうな…。

 

再びなでなでタイムに

ということで、怒らせてしまった愛柴にまたマッサージを始めたオーナーさん。

 

しかし、怒ったレベルが相当高かったようで、おこを強めに残したままお耳ベターン。

 

怒っているのか喜んでいるのか、かなり複雑なお顔ですね。

 

初見の場合は、どちらか判断がつきそうにないほど…。

 

しかし徐々に落ち着きを取り戻してきました。

 

そうそう穏やかなお顔が一番可愛いよ!

…ってまあ、おこにさせたのはオーナーさんだけれど。

 

とはいえ、どちらもキュンとさせてくれた柴犬には申し訳ないけれど、やっぱり全部が可愛かったかな〜♡

 

嬉しさとおこのはざまで少々おかしなお顔になっていましたが、感情を素直に出してくれるところが柴犬の可愛いところ。

 

とはいえ、あまりやりすぎると本気で怒ってしまうでしょうから、『柴犬の顔も三度まで』ということで、ほどほどにしましょうかね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

もっすごいオコでおられる…!でも私たち柴犬愛好家は、その鼻のシワまで愛おしいので悪しからず【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬