2020年12月7日8,419 ビュー View

『あおぉ…』町内放送のメロディに歌でセッションしちゃう柴犬。相当シブいお顔…これは相当歌い込んでおられるわ。【動画】

今回紹介するのは、歌うま柴犬たち。ある子は町内放送の音楽に合わせ、またある子は鍵盤ハーモニカの音色に合わせ…「あおお〜ん」とみんなお上手にお歌を披露してくれるのです。わずかに切なさを帯びたその歌唱には、胸キュン不可避ですよ!

帰る時間を、歌でお知らせ。

夕方の訪れをお知らせする町内放送の音楽。哀愁漂うあのメロディに合わせて歌っているのは柴犬ロンくんです。

 

空に向かって、高らかに「あおおぉ〜〜」。

 

よく響く素敵な歌声、そしてやたらと味のあるこの表情。

 

もはや完璧なビブラートを響かせているかのような、大御所感漂う、貫禄のお顔になっています。

 

道行く人に「家に帰る時間だよ」とお知らせしている…のかどうかはわかりませんが、この歌声を聴きながら帰れたら、幸せな気分になること間違いナシ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ロンパパ(@ronvenisuke)がシェアした投稿

 

鍵盤ハーモニカに合わせて

うみちゃんの家のお子さんは鍵盤ハーモニカを始めたばかり。ぎこちないながらも「ド、レ、ミ…」と可愛らしい音を奏でています。

 

するとその音を聞いて、うみちゃんが歌い出したのです。

 

「あ〜お! あ〜お!」

 

しかも電子音のような、かなり特徴的な歌声。

 

いったい、どこでそんな技術を磨いたのか、そもそものポテンシャルなのか…。

 

それにしてもこのセッション…かなり可愛いぞ…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☆Umi☆(@umi_shiba)がシェアした投稿

 

昭和のアイドル風で

最後は、実際には歌っていないのに、歌っているようにしか見えない愛くるしいチャコちゃんです。

 

もっていないのにしっかりとマイクを両手で持っているようで、このポーズはさながら昭和のアイドルのような…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬チャコ@2歳(@chako201805)がシェアした投稿

 

この前足の感じといい口の開け方といい、完全に歌っていますよね。

 

もちろん歌っているのも、きっと昭和のヒット曲でしょう。

 

そしてもしアイドルグループだとしたら、センターは確実。

いっそのことソロでデビューしてもいいくらい…ああ失礼。

 

妄想が止まらなくなってしまいました。

 

歌っているような柴犬たちは、みんな可愛すぎましたね。

 

柴犬の歌声を集めた曲が配信されたらいいのに…。

あ、もちろん動画希望ですよ。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「もう…アウアウ…だよ!!(怒)」柴犬、ついに喋り始める。その姿が可愛いのなんのって!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬