2021年3月19日9,600 ビュー View

【柴犬にオススメのブラシ】お肌に優しいのに抜け毛ゴッソリ!後処理も楽チンな「ペットティーザー」がガチで良い。

抜け毛が多い柴犬には、ブラッシングは欠かせません。換毛期だけではなく、できれば毎日ブラッシングをするのがキレイなお肌を保つ秘訣。ただし、ブラシは慎重に選びたいところ。

今回ご紹介するのは柴犬にぴったりな、お肌に優しく抜け毛がゴッソリ取れちゃうブラシ「ペットティーザー」。スタッフ柴「おむぅ」の見事な抜け毛といっしょに、ご覧ください(笑)!

柴犬はどんなブラシを選ぶべき?

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

犬用ブラシって、本当に種類がいっぱい…。

 

その最大の理由は、犬種ごとに被毛や皮膚の特徴が異なるから。

 

では、柴犬にはどんなブラシが合うのでしょうか。

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

Egrigorovich/shutterstock

 

私たちが推奨しているのは、皮膚を傷つけない素材でありながら、抜け毛をしっかり絡めとってくれるもの。

 

でも、意外とこのようなブラシって少ないんですよね…。

 

柴犬に圧倒的オススメ!「ペットティーザー」

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

そこでオススメしたいのが、犬用ブラシ「ペットティーザー」。

 

ペットティーザーは、あの超有名な人間用ブラシ「タングルティーザー」のペット版。

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

タングルティーザー(人間用)

 

タングルティーザーは『魔法のブラシ®』とも呼ばれ、美しい髪をめざす全ての人々に愛されています。

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

 

ペットティーザーは「パピー用」「中・大型犬用」「小型犬用」の3種類。

 

柴犬にオススメなのが、心地いい硬さが“イイ仕事”をしてくれる「小型犬用(やわらかめ)」!

 

 

 

ペットティーザー、4つの良いところ

①程よいやわらかさで、お肌に優しい

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

ペットティーザー(小型犬用/やわらかめ)の特徴は、毛先が程よくやわらかいところ。

 

柔軟性のある特殊素材ブラシが、お肌へのダメージを最小限に抑えてくれるのです。

 

さらにお肌を傷つけにくいよう、先端が丸くカットされているのも嬉しいポイント。

②汚れや抜け毛を取りのぞく、長短ブラシ構造

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

ブラッシングの目的のひとつは、汚れや抜け毛を取りのぞき、健康的なお肌を維持すること。

 

ペットティーザーは、長いブラシと短いブラシをMIXした長短二段構造(日本・UK・EUで特許を取得)。

 

無理に力を入れることなく、優しくブラシを通すだけでOK。

 

女性にも、お肌がデリケートな柴犬にも嬉しい配慮です。

③女性でも持ちやすい、くびれ型

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

ペットティーザーは、自然と手にフィットする“くびれ型”。

 

握りこむことでブラシにかかる力を分散させるため、無理な力をかけずにブラッシングができます。

④水洗いがしやすい、空洞構造

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

ペットティーザーは、中心部分が空洞になっているのも大きな特徴。

 

水で洗い流しやすく、速乾性を実現してくれるのです。

 

いつでも清潔を保てるところも、キレイなお肌を維持するポイントですよ。

 

 

【使ってみた】お肌に優しいのに抜け毛ゴッソリ!

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

編集部のスタッフ柴「おむぅ」もペットティーザー(小型犬用/やわらかめ)を愛用中。

 

ペットティーザーは程よいやわらかさでお肌を傷つけにくいのに、抜け毛がゴッソリ取れちゃうのです。

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

 

それは各国で特許を取得した「長短二段構造」のおかげ。

 

やさしくブラッシングするだけで抜け毛を絡め取るから、スタッフ柴おむぅも終始気持ち良さそう…♡

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

 

 

後処理が楽チンなのもグッド!

ペットティーザーが嬉しいのは、ブラシに絡まった抜け毛が取りやすいこと。

 

柔軟性のあるブラシだから、オーナーさんの手でスッと取れちゃうのです。

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

 

取りきれない細かい毛は水洗いすればOK!

 

後処理が楽チンなのもペットティーザーをオススメしたいポイントです。

 

 

換毛期に特化したブラシは、お肌を傷つけることも…

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

Kurdyukova Olga/shutterstock

柴犬の場合、換毛期に特化した硬めのブラシを使う方も多いはず。

 

それらは使いすぎるとお肌を傷める原因になりかねません…。

 

柴犬は皮膚がデリケートな犬種ですから、できればお肌に優しいものを選んであげましょうね。

柴犬,ブラシ,ブラッシング,ペットティーザー

 

また柴犬のブラッシングは、換毛期だけでなく毎日行いたいところ。

 

皮膚・被毛には目に見えない汚れや皮脂がいっぱいなのです…。

 

ブラッシングを怠ると肌荒れの原因になりかねませんので、毎日行って健康的なお肌の維持を目指しましょうね!

  • ペットティーザー[小型犬用/やわらかめ]

    ペットティーザー[小型犬用/やわらかめ]

    サイズ:約W55×H125×D55mm
    重量:約53g
    材質本体:ポリプロピレン
    生産国:イギリス

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ