2021年4月13日6,288 ビュー View

「写真撮るよー!」の瞬間に見せた柴犬の反応がコチラ。ちょっと柴犬らしすぎる。

今回ご紹介するのは、上手く写真に写ってくれない柴犬たち。シャッターチャンスだと思ってカメラを向けると瞬時に顔をそむける…なんてことは日常のこと。逆に、興奮しすぎて顔の一部しか写っていないような子もいるのですが、何にせよ柴犬らしさが溢れた写真の数々にはつい笑ってしまう!

今までコッチを見ていたじゃない!

幼なじみだという柴犬2頭とゴールデンレトリーバー。なんと、たまたま全員がこちらを見ているではありませんか!

 

これはまたとないシャッターチャンス、ということで実際に撮れた写真がコチラです。

 

…何でなのよ。なぜ顔をそむけたのよ。

ゴールデンさんは笑顔でカメラの方を向いたままだよ…。

 

まるで「おしりを撮ってください」とばかりの柴犬たちのこのポーズ。

そりゃ君たちのおしりは可愛いけれど…。

 

撮れた写真を見て、オーナーさんもつい笑ってしまったでしょうね。

 

ちょっと落ち着こうか。

こちらは小太郎くんとふくちゃんのツーショット…いえ、正確に言うとツーショットになるはずでした。

 

というのも、小太郎くんがはしゃぎすぎてちっとも写っていないのです。

 

カメラ目線のふくちゃんに対し、小太郎くんは下の方でお耳だけの参加…!

 

いや躍動感すごいな!

 

他の写真を見ても、小太郎くんはブレているか体の一部が写っているのみ。ちょっと落ち着こうか…。

 

ちなみにふくちゃんはおやつをもらおうと待機しているのだとか。

 

もう2頭ともマイペースなんだから。

まあそんなところが愛おしいのだけれど!

 

絶対に目線をくれない。

お次の春菊ちゃんの場合、写真に写ることは写るのですが…。

 

カメラを向けるとさっと目を逸らしてしまうのです。

 

(撮影NGなんで…)

 

なんて迷惑そうなお顔。

思っていることが顔に出すぎていらっしゃるようで。

 

でも愛柴の写真を撮りたいオーナーさんも気持ちも、たいへんよくわかります。

 

春菊ちゃん、せめて1枚だけでも笑顔で…なにとぞ…!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬春菊🐕(@shungiku_0309)がシェアした投稿

 

どの子も柴犬らしい反応ばかりで、笑ってしまいますね。

 

でもたとえおしりしか写っていなくてもカメラ目線でなくても、愛柴の可愛い写真には変わりなくて、どんどんアルバムに追加されていくのですよね。

 

それこそが、その子の性格が表れたかけがえのない一枚なのですから!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「この度はウチの子が…」破壊行為を『柴犬家族代表』して謝るママ、気まずそうに座るパパ、荒ぶるパピー。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • ナウフレッシュ,柴犬