2021年4月27日16,739 ビュー View

ケージの中から出てこず、強引に引っ張り出されて『オワタ感』を放った柴犬さんが、ごめん可愛い…【動画】

今回は、不本意ながらに『そのような状態』にさせられている、少々切ない状況の柴犬をご紹介。しかし本当に申し訳ないものの、その姿がもう可愛くってたまらない訳です。「ごめんね柴犬…!」と心で深く謝罪しつつどうぞご覧ください!

今は動きたくないの、悟って…

柴犬こむぎは今ケージの中にいます。どうやらそこから動きたくないそうです。

 

しかしそこへお父さんが登場。

お散歩にでも行くのか、どうしてもケージから出て欲しいようで、腕を伸ばしてこむぎをガシッ。

 

しかし、こむぎなりに強く抵抗しているのでしょう。

 

こんなにもおかしな状況になってしまっているのでした。

 

(ググ…グググ…)

 

全身の体重をかけて、どうにか抵抗しようと必死なこむぎ。

 

しかし、お父さんのパワーには敵わないのです。

徐々にズリズリ引き出されて行くのですが、それでも最後まで諦めません。

 

そのため、このスーパーマンのような姿勢のまま、お顔だけがどんどん曇っていくのでした。

 

その時の「この世の終わり」みたいな顔には、申し訳ないけれどジワジワ不可避!

 

すごい表情だけれど、お手してくれた…

柴犬てつくんはこの日、動物病院に。待合室ではいい子にしていましたが、いざ自分の番になるとものすごい抵抗、まるでモップ状態に…。

 

そして、緊張しながらも診察台に乗るてつくんにオーナーさんは「お手」と言ってみます。

 

緊張をほぐそうとしてのことでしょうが、さすがにこの状況では…

 

(ポン…)

 

してくれたって…?

 

お顔はまさに「オワタ感」しかないし、こわばっているようにも見えますが、それでも素直に応えてくれたてつくんの心を思うと…。

 

しかし、緊張しすぎてうつむいたことでこんもりと現れたアゴモフ。

 

これがまた、大変恐縮ながらときめく状況に…。

 

きっと診察台は地獄のような場所でしょうが、いろんな意味でキュンな仕草を見せてくれたてつくんには、頑張ったご褒美をたっぷりあげたくなってしまいました!

 

頑固な柴犬は、イヤイヤモードになることが多いものの、その後はすんなり言うことを聞くことも多くありますよね。

 

その素直さとのギャップにときめくことはいうまでもないこと。

 

そして、その瞬間にまた彼らを深く愛している自分がいることもまた、いうまでもないことでしょう。

 

そう、結局どんな時も柴犬とは可愛くて尊くて、もはや愛される天才なのです!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【顔よ】大嫌いな注射をされ素直にやさぐれちゃった柴犬。大暴れ後に見せた表情が人間すぎて笑った【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • ナウフレッシュ,柴犬