2021年5月18日7,532 ビュー View

抱っこされた柴犬お決まりの『前足ピーン』。猫背でカチカチになったこの感じ、もれなく愛おしい。【動画】

今回は、とある柴犬のフリーズシーンをご紹介。とある日は「抱っこ」でカチコチ、またとある日は柴犬が苦手なことでおなじみ「ハーネス」でカチコチ。フリーズしちゃったところ申し訳ないけれど、その感じがもうなんと愛おしいことか!

柴犬お決まり『抱っこでピーン』

主役柴犬はふぅさん。

 

今はオーナーさんに抱っこをされているようで、リラックスタイムを過ごしています。

 

…と言いたいところですが、そうはいかないのが柴犬。

 

彼らは抱っこを得意としない子が多く、もはや『あるある』と言えそうなポーズになっているのでした。

 

その姿がこちら。

 

(ピーーン)

 

もうカッチコチに固まって、前足を突き出してピーン。

そして少々猫背になり、まるで猫さんを抱き上げたかのような。

 

なお、お顔もまた感情を失ったかのように、完全なる無。

 

しかしこれは超あるあるな光景。

 

抱っこをするともう枝のように美しくまっすぐ、前足をピーンと突き出してしまう子が多いのです。

 

でもこの感じがとても可愛らしくて、つい見たくなってしまうのが柴犬ラバーあるある。

 

緊張している場合はほどほどにしてあげてくださいね…と言いつつ、見るたびに愛おしく思えちゃうのですよね。

 

柴犬と言えば、コレも超あるある。

カチコチになってしまったふぅさん。とても可愛い姿に思えてしまって、申し訳ない気持ちにもなってしまいましたね。

 

しかしこの日も、柴犬らしいあるある風景を見せてくれていました。

それは『初めてのハーネス』です。

 

早速、怪しいブツが目に入ったふぅさん。

「コレはやばい」とばかりにピョンピョン跳ねながら逃げています。

 

しかしいざ装着の時が。

逃げつつも観念したふぅさんは、このような状態に。

 

「……」。

 

この時のテロップで全ての状況が伝わることでしょう。

 

固まりあげたふぅさんは、もはや静止画レベルにカチコチ。

そして同じく感情を失ったかのようなお顔になっているのでした。

 

その後慣れてもらうべく散歩に出かけるも、どうもうまくいかないようで、途中で普段の首輪に変更。

 

そこからは水を得た魚のようにイキイキ駆け回り始めたのだとさ。

 

そうそう、苦手なことは無理をしないに限りますから、いずれチェンジするにしても徐々に慣れていこうね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「見てたの…?」飼い主の視線に気づかず、イタズラの証拠品をぶら下げ固まる柴犬。早急に謝罪のゴロンしてた…賢い。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ