2021年5月24日11,153 ビュー View

日向ぼっこ中の猫に、場所を譲って欲しくて見つめる柴犬。アピり方が控えめすぎて一切伝わっていない模様…【動画】

今回はとってもマイペースで穏やかな柴犬をご紹介。優しい性格がゆえ、「そんなところでそんなことを…?」「いや、控えめすぎるわ…」と突っ込みたくなるようなことが日常に溢れまくり。しかし、突っ込みと同時にめちゃくちゃ癒されること請け合い。どうぞ、のんびりな日常をご覧ください。

まるでお家のようだね…。

今回の主役柴犬はなるとさん。今はオーナーさんと一緒にお散歩中のようです。

 

そんななるとさんは、10歳という立派なご年齢。

少しだけ白くなってきたようで、赤柴といえとても優しい毛色。

 

その優しい色が表すかのように、本当におっとりな性格のなるとさんは、「はっ、今散歩中だったよね…?」と、うっかりその事実を忘れさせられるような光景を見せてくれました。

 

(ペロ…ペロ…)

 

ご丁寧にゆっくり、時を忘れてペロペロ中。

 

まるで猫が日向ぼっこをしながら手舐めしているかのように、目を細めてゆったり舐めているのです。

 

しかし、あたりを見ればがっつり地面。

ここはリビングでも縁側でもなければ、紛れもなく道路です。

 

しかし「まぁいっかぁ」と思えるような穏やかぶりには、「立って!」と諭す感情すら湧いてこないのです。

 

車にだけは、気をつけてくださいね。

 

おっとりが凄すぎて気づかれない

先ほどの動画で、とにかくのんびりした性格だと伝わったことでしょう。

かなりの癒しオーラを放っていましたよね。

 

そんな穏やかななるとさんには、一緒に暮らす相棒猫のべべさんがいます。

 

今べべさんは、窓辺に置かれたマットの上でお腹を出して、のんびり日向ぼっこ中。

 

しかしどうやらなるとさんも同じ気持ちのよう。

 

べべさんの前に立ちその気持ちを伝えているのです、多分。

 

「……」。

 

近くに立っているだけ…。

 

もう置物かなと思えるほど、べべさんの横でぼんやり立っているだけ…。

 

そんな控えめすぎる仕草では、さすがにべべさんも気付けないのでしょう。

 

お腹を出したりカーテンに絡んだり気ままに過ごしています。

 

そしてなるとさんといえば…やっぱり立っているだけ。

 

その後「譲ってくれないかあ」とばかりに諦めて立ち去るのでした。

 

この姿を見たら「いや諦めるのはまだ早いかもよ…ちゃんと伝えてみて…」とお節介にも言いたくなるでしょう…。

 

とにかくのんびりマイペースな性格のなるとさんの、独特な優しい空気にはすっかり癒されてしまいましたよね。

 

こんなにも可愛い子がお家にいたら、家庭内にも毎日、優しい空気が流れているでしょうね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

おうち型ハウスをおもむろにグシャ。潰した挙句、乗り上げて気持ち良さげにスヤー。マイペースが過ぎる柴犬さん【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ