2021年5月27日7,145 ビュー View

ハーネスを装着され、頭突きの体勢で『オワタ中』の柴犬。拗ねアピが強すぎて笑いを堪えるのがしんどい…

苦手なものはトコトン苦手さをアピる柴犬たち。病院やシャンプーなど、苦手系イベントが終わった後にはしっかり拗ねてしまいます。それはちょっかいを出しても、おやつで機嫌を取ろうとしても無反応を貫かれてしまうほど…とはいえさすがに行き過ぎると、笑うのを堪えるのがしんどい!

注射をされ感情がお留守

予防接種の注射をしたというはるちゃん。その結果どっぷり拗ねモードに。

 

オーナーさんがちょっかいを出しても無反応、もうされるがままのようで…

 

「感情は病院に置いてきましたので」

 

ああ、無の境地に行ってしまわれている…。

 

それほど注射がショックだったのでしょうね。

 

いえ、もしかしたら予告なしで病院に連れていかれたことがショックだったのかも?

 

でもそう言われても、たいていの人は犬語が話せないし…。

 

だからどうにか許してもらえませんでしょうか…。

 

どこまでもめり込みたいほど気が沈んだ

こちらはマロくん。

 

ハーネスをつけられたことが気に入らなかったようでこんな状態に。

 

(ずぶぅ…)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💛🐾 Maro 🐾💛(@marorinrin213)がシェアした投稿

 

ものすごくめり込みに行っている…。

 

そう、これこそが彼の『拗ねアピール』。

ハーネスをつけると毎回こうなのだとか。

 

いじけると背中しか見せないという柴犬さんもいますが、これはその最上級のパターンなのかも。

 

しかもマロくんの場合、放っておくとずっとこのままなのだそう。

 

いつまでも、そしてどこまでもめり込んでいたい気持ちはわかるけれど、この仕草は笑うのを堪えるのがしんどいわ…。

 

“ご機嫌取り作戦”には一切乗らない

お風呂が嫌いすぎるタロくん。入浴後はもちろんご機嫌ななめでツレナイ態度になってしまうのだとか。

 

「おやつ食べる?」と言われてもこの通り…

 

(しらー)

 

見てもくれない…なんて冷たい態度なの…!

 

「その手には乗らないよ」という意思表示なのでしょうね…。

 

しかもこの塩対応が、長い場合だと翌日まで続くのだとか。

 

愛柴にこんな対応をされ続けたら、オーナーさんが泣いちゃうよ。

 

タロくん、お願いだからどうかおやつにつられてちょうだい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タロ(@taropeeee)がシェアした投稿

 

どの子も見事なまでに拗ねまくっていましたね。しかもその拗ね方にオリジナリティを出してくるから、笑ってしま…いえ、なんでもないです。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【アカン】好きではない人に抱っこされた時の柴犬さんの顔が、子供には見せちゃいけないレベルの「無」だった

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ