2021年6月2日7,537 ビュー View

飼い主の股でくつろぐ柴犬の後ろ姿がヤバイ。お尻はより丸く、足はより短く…って神がかりすぎ。

今回は、柴犬を後ろから見た『バックショット』を特集。あのプリプリの桃尻とモフモフのしっぽはいつだって我々の心を乱すもの、嫌いな人なんていないでしょう。

 

触りたい、ああ触りたい、柴おしり(季語なし)。

無防備なおしりにロックオン。

なにか気になるものがあるのか、グイッと体を乗り出し下の方を覗き込んでいるまめくん。

 

つまり、おしりは完全に無防備な状態で…

 

(ぷりんっ)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

marinka(@mame29410)がシェアした投稿

 

これはよくお手入れをされた、至高の桃尻…!

 

ああもうなんて美しい曲線を描いているの…。

 

できることなら触ってみたいけれど、何かに夢中になっているようなので見るだけにしておきましょうか。

 

我慢がまん…見れるだけでもありがたき幸せ…。

 

\足とおしりが大・集・合ー/

パパさんとイチャラブしているのはふぅちゃん。

 

寝転がるパパさんに抱っこをされ、その様子を後ろから見た風景がこちら。

 

(ムギュッ)

 

ひえええ…ですよこれは。

 

パパさんの足に挟まれて、ふぅちゃんの足がぴったりキュッ。

 

その足だけでも可愛いのに、さらにフワモコに仕上がったこのおしりもまたヤバイ域。

 

キュッとした足にまん丸のお尻…これは可愛すぎるでしょう、いつまでだって見ていられますね。

 

超ご褒美をありがとうございます!

 

完全に試されているぞ…!

ソファでおくつろぎ中の、ののちゃん。

 

オーナーさんはそんなののちゃんのとある部分から目が離せません。

 

それは… ソファから垂れた立派なしっぽ。

 

試されている、これは完全に試されている。

 

こんなしっぽが目の前にあったら、クイッと引っ張りたくなるに決まっている!

 

だって、まるで我々を誘惑するかのようにソファから垂れているのですよ。

 

ああ〜握ってみたらどんなかしら。

『モフモフ』なのかしら、それとも『モサモサ』なのかしら。

 

ってもちろん、しっぽを掴むのは犬にとっては嫌なこと。

 

だから実際にはそんなことはできないのですが、せめて…せめて妄想だけでもご許可を!

 

以上、萌え不可避なバックショット柴犬をご紹介しました。後ろから見た彼らもまたたまらない可愛さでしたね。

まったく柴犬たちには心をかき乱されっぱなしですよ。でも正直に言うと…かき乱されたいです…♡

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(モソモソ…)コタツに潜り込む瞬間の柴犬の姿がちょっとアレすぎたので共有したいと思う。やっぱ柴ケツは正義。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ