2021年6月17日9,189 ビュー View

柴犬が堂々と手を踏んだと聞いて…見たら想像以上にしっかり踏みつけてて笑った。【飼い主さんごめんなさい】

今回ご紹介するのは実にやりたい放題な柴犬たち。ソファを広々と使いたければマズルで雑にクッションを落とし、オーナーさんに構って欲しければ足で蹴ってアピールする…彼らの辞書には多分『遠慮』の文字はありません。でも、そんなところが最高に好きだ!

想像以上にしっかりフミッ。

柴犬オーナーなら誰しも経験済みだと思いますが、彼らはなぜか人間のことを踏みがち。

 

たとえばこちらの天竜くんは、うっかりオーナーさんの手を踏んでしまったみたい。

 

(フミッ)

 

はい、思った以上です。

 

うっかり「ちょっと乗っちゃった」どころのレベルではなくしっかりと踏みつけています。

天竜くんの重みがしっかり手に食い込むほどに。

 

きっと、天竜くんの足にもしっかりとオーナーさんの手の温もりは伝わっているはず。

 

いっそのこと、斬新すぎる手のつなぎ方だと思っていればいい?

 

もうそういうことでいい?

 

クッションを雑にポイして…

ソファにやってきた銀次郎くん。その場所でくつろぐには乗せてあったクッションが邪魔だったみたい。

 

ということで、ためらいゼロで…

 

(ポイッ)

 

まるで「いらんわ、こんなもん」とでも言いたげに、あっさり落としてしまいました。

 

あぁあ、可愛いハート型のクッションだったのに。

アゴ乗せしたら、キュンキュンすること間違いなしの画になったはずなのに…。

 

でも期待を鮮やかに裏切るこの感じもまた、魅力的だから困ってしまう。

 

ケリケリで構ってアピール

オーナーさんに構ってもらいたい時のアピール方法は、柴犬によってそれぞれ。

 

こちらのぽるくんのアピールは、さりげなく、かつ大胆に行われます。

 

「あれ、足当たっちゃった?」

 

後ろ足でオーナーさんをケリケリ…!

しかもささやかに笑っている…。

 

さすがにこれは「当たっちゃった?」なんて白々しいよ、絶対わざとでしょ。

 

とは言え、あざとさしかないとわかっていても、こんなことをされたら構うしかないのですよね。

 

もう、ズルいなぁ!

 

このフリーダムさ、さすがですよね。

でも彼らはこれでいいのですよ、だって柴犬ですから。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

達成感を放ちながら、自ら破壊した網戸を見つめる柴犬。自分専用の出入り口があるのに…罪深すぎるわ【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ