2021年8月13日6,511 ビュー View

自分と遊びたそうな飼い主を見て冷静に状況判断…結果ゴロンしてお腹さすりを強要した柴犬がさすが。【動画】

今回ご紹介するのは、何やら狭い隙間に入り込んで画策している様子の柴犬。わざわざ極狭スポットに入りこみリラックスしている時は多いものですが、今回はそれぞれに思うことがあるよう。そんな『隙間』ひとつとっても彼らにはいろんな背景があるものなのですよね。

「ほほう、遊びたいんですね…」一枚上手!

机の下に引きこもっているのは黒柴の大河。ジーッと上目づかいでオーナーさんの様子をさぐっているようです。

 

と言うのも、実はオーナーさんは大河と一緒に遊びたいよう。

 

そのためちょっかいを出しているのですが、大河はその時の雰囲気を探っているのでした。

 

見てください、この上目遣いのお顔を。

 

めちゃくちゃ何か考えているようですよね。

 

いえ、大河は本当に考えていたのです。

「今ならわがままが通るかもしれない」と、そんなことを…。

 

その証拠に、机の下から出てきた大河はおもむろにソファの上でゴロン。

 

まるで「一緒に遊びたいんでしょ、じゃどうぞ」とばかりにパカーンとおまたを開き、全力のへそ天で“お腹なでなで”を求めたのでした。

 

もちろん「遊ぶ」ってそういうことではなかったと思うけれど、そんな所まできっと承知の上。

 

それでも、自分の気持ちを通した大河の行動や心は憎めないもの。

 

今なら撫でてくれそうだな〜なんて思ったのだとしたら、もう可愛く思えて仕方がないのです!

 

どうしても拾わなくてはならないフードが…

柴犬パピーのまめすけがケージの周りをウロウロ中。すると、壁とケージの狭い隙間に向かいそのまま入ってしまいました。

 

その隙間は、パピーのまめすけであってもかなり狭いもの。

 

見てください、この状況を。

 

もはやこの隙間は一方通行。

入ったら最後、お尻から出るしかないでしょう。

 

まめすけがそのことに気付けるかどうかはさておき、いったい何をしているのかと思ったら…。

 

なんと、そこには食べこぼしてしまったフードが。

ご飯お皿にはまだたくさんフードがあるのに、落ちた分が気になって先に拾いに出かけていたのです。

 

その後無事ご飯を食べるとそのままバック。

よかった、出れたんだね…と思いきや、まさかの再度侵入!

 

どうやらまだ落ちているご飯があるみたいですが、いくら体が小さいとはいえこのガッツはなかなかのもの。

 

将来、大物になりすぎる予感がプンプンです!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フローリングワイパーがきっちり体を一周しても動じてくれない柴犬さん。もれなく掃除が捗らない模様。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ