2021年7月7日10,301 ビュー View

(察して…)散歩気分ではない柴犬がハードな拒否モードを発動。この哀愁…出直すしか選択肢なさそう。【動画】

今回は『かなりハードに、かなりおカワに』拒否モードを発動した柴犬をご紹介。世間では“イヤイヤさん”なんて呼ばれるこの光景は、柴犬では本当によくありがち。だって、頑固でマイペースなのですから。とはいえどの子もそれぞれに違う拒否姿で、“見る柴”的には最高なのです。

柱の影から…物凄い拒否レベル

まず最初は、柱に隠れて動かない凛さんです。

 

ご覧の通り玄関の柱にピッタリ寄り添い、もうテコでも動く気配がないのです…

 

このお顔のムニュ具合は可愛らしいものの、その具合に比例して伝わる意志の強さ。

 

その後カメラが近づくと激しく切ない表情になり、まるで「察して…」とばかりにうつむくのでした。

 

動いてもらうにはまだまだ時間がかかりそうですね…って、いえ。

 

これはもうお散歩自体出直した方が良さそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

凛 柴犬(@rinmaru23)がシェアした投稿

 

お顔のパーツが大集合…

続いては、お散歩中に帰宅拒否する小豆さんです。

 

あまりに力を入れて踏ん張り過ぎたために、お顔のパーツが中心に集まってしまったよう。

 

おめめ周りには眉毛のようなおでこのような深いシワが刻まれて、自ら少々おブチャなお顔に仕上げたようです…

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Azuki&Miyabi(@azuki_miyabi_mama)がシェアした投稿

 

なんと言う罪深い自虐をしてしまったのよ!

 

だって普段はこんなに可愛いお顔なのですよ…?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Azuki&Miyabi(@azuki_miyabi_mama)がシェアした投稿

 

柔らかい笑顔が眩しすぎますね…。

 

ガンコになると見た目までおブチャになっちゃうのだなんて…ああもう!

 

いや、それはそれで可愛い気がしてきた…。

 

 

続いても、おうちに帰りたくなくて拒否モードを発動したハナさんです。

 

引っ張られるリードを引っ張り返したせいで、片方のほっぺのモフがムギュッ。

 

するとどうでしょう。

意図せずウィンクしたような表情になってしまったのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハナちゃんとあたし。(@hanachan.asachan)がシェアした投稿

 

可愛いかよ…。

 

しかも自分のモフでウィンクしたという経緯までもが可愛いじゃないですか。

 

ああハナさん。

そのマイセルフモフウィンク、『拒否』を突き通すには、もはやかなり有効な武器であると思われますよ…ああ強すぎる!

 

以上、柴犬お馴染みの“拒否モード”をご紹介しました。

 

いつ見ても可愛いと思えるのは、やっぱりその“愛すべき頑固”な部分をむき出しにしているからでしょうね。

 

みんな、どうかほどほどにしてね…といいつつも、ついこの姿を見たくなるのだから困りもの。

 

オーナーの皆さん!

大変なところニヤけてしまって、どうもすみません!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(どうかご勘弁を…)注射を察して乗車拒否する柴犬の全力ぶりがすご過ぎて、申し訳ないけど笑った【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ