2021年7月21日6,630 ビュー View

自分でよじ登ったのに… 洗濯カゴの高さに驚いて出られなくなった柴犬赤ちゃん。ごめんだけど悶絶。【動画】

今回は、困っているところ申し訳ないと思いつつ「可愛すぎか…」という感情が拭えないシーンをご紹介。それは、自ら洗濯カゴによじ登るも高くて戻れなくなっちゃったというもの。このエピソードだけでもキュンときますよね。実際の光景は…もう何倍もキュンなのです!

最高にやんちゃなお年頃…その結果。

今回の主役は柴犬パピーの胡桃さん。もう見たままに愛くるしく、小さな体やあどけないお顔には早速キュンときてしまいます。

 

しかし今いる場所が気になるもの。

だって、どう見ても洗濯カゴの中なのですから。

 

とはいえ暴れるでもなくちょこんとおすわり中。

なぜかといえば、そこから出られなくなっていたから。

 

胡桃さんは、自らよじ登った結果、その場所の高さに驚き怖くなってしまったのでした…

 

「…!」。

 

どうしたものかと、身を乗り出してはおりられそうなポジションを探す胡桃さん。

 

とはいえどこも高さは一緒。

だからジタバタ場所移動してみても、どうしても怖くて一歩が出ないのです。

 

その困惑具合がなんとも可愛らしいもので、困っているところ申し訳ないと思いつつも、どうしても心の中でときめいてしまうのでした。

 

なんとご立派に…!

あまりにパピーらしく初々しい姿を見せてくれた胡桃さん。恐縮ながらキュンとしてしまいましたよね。

 

さて、先程は胡桃さんのパピー期の姿をご覧いただきましたが、今はすっかり成犬ボディに成長。

 

しかも、柴犬ラバー的には見過ごすことができないほどのモフをわんさか携えて…。

 

見てくださいこのボディとおしり、そして豊満でワイルドで肉厚なこのしっぽを。

 

ちょっと胡桃さん、可愛いが行きすぎて罪なんじゃないかい…なんて思ってしまうほどにモッフモフ。

 

特にしっぽの太さなんかもう、触ってくれと言っているような気がしてならないのです。

まあ、急に手を出せばしっかり怒られてしまうのでしょうが。

 

この後最後に立ち上がるのですが、その最後のシーンまで間違いなくモフモフに目を奪われてしまうでしょう!

 

パピーらしいアクシデントを見せてくれた胡桃さん。正直、可愛すぎる姿でしたよね。

 

あんなにもあどけないお顔でジッと見られたら…。

 

実際に目の当たりにしたオーナーさんはなお胸を強く射抜かれてしまったでしょうね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

お手は全然届かないし、ウトウト船漕いで転がっちゃうし…初々しいが強すぎて、もうしんどいよ。【柴犬パピー動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ