2021年8月20日7,685 ビュー View

普段不器用なくせに拒否する時だけ器用になるのが柴犬。前足でリードを上手に押さえつけてきたんだが。【動画】

今回は、柴犬ってなんて都合よくできている生き物なんだ…と改めて感じさせられる光景をご紹介。それは彼らの名刺がわりとも言える、お馴染み“拒否犬”シーン。普段は不器用な姿で可愛さを持て余す彼らですが、この時ばかりはやたらと器用になるのだから笑えてくる!

どこかを向いておられる

主役柴犬は今、地べたで伏せをしてどこかそっぽを向いています。

 

オーナーさんは必死で帰ろうと説得している最中。

 

このリードの張り具合は、彼らが伏せをしている時に見られるものではありません。

 

リラックスタイムに寄り添っているとすれば、地面の上でたわんでいるはずですからね。

 

意志が顔に出てきた

その後も、リードを動かし「帰ろう」の想いを届けたオーナーさん。

 

しかしいよいよ柴犬も本気モードに。

わかりやすく表情がかたくなってきたのです。

 

「……」。

 

まるで「わかるでしょ?」とでも言いたげ。

 

うん、むしろ気持ちはビシバシ伝わっているよ。

それでも「帰ろう」ってことなのよ。

 

それはわかってくれているのかい…?

 

本気出してきたぞ…

なんて、そんな思いが通じるはずもなく、柴犬はいよいよ本気のイヤイヤモードに。

 

(グッ)

 

やたらと伸びた前足、そして上向きになったお顔。

 

もはやその体勢を維持するために崩せそうにないであろう、綺麗に揃えられた後ろ足。

 

どこをどう見ても全身で踏ん張っているのです。

 

しかしここで柴犬は、ついに最終手段に出るのでした。

 

めっちゃ器用じゃないか

全身を使って踏ん張り、強めのイヤイヤモードを発動させた柴犬。

 

しかしここで、まるで子どもがわがままを言うかのような行動を見せたのです。

 

(ゴロンッ)

 

「イヤだってば!」とばかりにその場でおもむろに寝転がり、その後はまさかの…

 

(グッ)

 

前足を使い、上手にリードを押さえつけたのです。

 

そしてしばしの沈黙タイムへ。

 

目と目、そして心と心で交渉を始めた柴犬とオーナーさん。

 

ハードなイヤイヤには困ってしまうでしょうが、なんだかやたらと人間っぽい仕草を見せられたら心の中では可愛さが込み上げてしまったでしょうね!

 

巷では、「拒否柴、どんどん進化してる説」がにわかに囁かれているようですが、あれって実際のところ…多分本当なのでしょうね。

 

はぁ、困った困った…(ワクワク)。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(グッ…)世界一可愛いイヤイヤさんで確定。柴犬赤ちゃんがささやかに拒否犬してる姿がたまらんことに【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ