2021年8月22日3,391 ビュー View

散歩前から拒否する柴犬の「おやめなすって」感。スマートかつ粋な感じでイヤイヤされるともう勝てる気がしない

今回は柴犬のイヤイヤ特集です。散歩中に動かなくなる子だけでなく、散歩前から拒否する子、最終的に抱っこで帰宅する子まで。今日もどこかで柴犬たちとオーナーさんの静かなバトルが繰り広げられているのです!

散歩の拒否はスマートに

こちらは、ねぎちゃん。

 

準備はしたものの、散歩に行く気分ではないみたい。

 

そっとリードに前足を添えて、この顔です。

 

(キリッ!)

 

あ、誘うタイミングが悪かったですよね。なんだかすみません。出直しますね。

 

って思わず、引き下がってしまうところだったわ!

 

危ない危ない…。

 

でもこんなスマートかつハッキリと拒否されてしまうと、ついね。

 

ねぎちゃん、そんなこと言わずに散歩に行きましょうよ!

 

どこでも寝られちゃうタイプ

お次はイヤイヤのプロ、りきくん。

 

まさかの場所で、座り込みを始めてしまいました。

 

いえ、正確に言うと『座り込み』ではなく『寝込み』。

 

寝ている…。まるで自宅の寝床のように、しっかりと。

 

そして無理に起こすでもなく、つきあうオーナーさんの優しさよ。

 

ちなみに道行く人のなかには、「倒れているの?」と心配する人もいるのだとか。

 

この季節ですものね。

 

いっそのこと、『イヤイヤ中です』的な看板でも用意しておけば解決…?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬りき(@riki_mie104)がシェアした投稿

 

最終的にはやはりこれしかない

どんなに説得を試みても、イヤイヤ中の柴犬を動かすことは超難題。

 

こちらのぴえろちゃんのオーナーさんは、ついに諦めたのです。

 

最後の手段、抱っこです。

 

まあ、こうなりますよね…。

 

全柴犬オーナーさんが「わかる」となったことでしょう。

 

そしてぴえろちゃんのこのお顔。

 

あくまで「抱っこしてもらっている」のではなく、「抱っこさせてあげている」という表情。

 

さすがは気高き柴犬…! ありがたく抱っこさせていただきます!

 

どの子のイヤイヤも、良い味を出していましたよね。オーナーさんの立場だったら困ってしまいますが、それでも『困る』より『可愛い』が圧倒的に勝利してしまうことでしょう。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「この可愛さが効かないだと?」渾身の笑顔で帰宅拒否するもスルーされ、鬼の真顔になった柴犬さん。【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ