2021年11月7日6,771 ビュー View

(こんなはずでは…)自分のモフを過小評価し隙間に挟まってしまった柴犬。切ない顔で救助を待つ【動画】

今回登場する柴犬は、わざわざ狭いところを通るのが好き。ところがこの日は、いつもの隙間がほんの少しだけ狭くなっていたようです。「このくらい通れるはず」と信じて突っ込んでいった柴犬でしたが…!?

ソファの隙間を通れない

柴犬のらんまるは、近道が好き。室内を移動するときも、机の下やソファの隙間を通りたがります。

 

ところが、この日はソファの隙間でピタッ。立ち止まってしまいました。口にくわえていた手袋も落として、まるで絶望しているかのよう。

 

(と、通れない…)

 

どうやらいつもより隙間が狭くなっていて、通れないみたい。それなら別のルートを行けばいいものですが…。

 

らんまるにその選択肢はありません。何がなんでもこの道を通りたいのです。

 

しかし自分から助けを呼ぶわけでもなく、じっとオーナーさんの助けを待っているみたい。

 

オーナーさんがそっとソファの隙間を広げると、すぐさま手袋をくわえていそいそと通っていきました。

 

らんまる、ちゃんと「ありがとう!」って言ったかな?

 

孫の手が引っかかっている

ケージから出ようとしている、らんまる。ところがケージがガタガタと動くだけで、ちっとも外に出られません。

 

それもそのはず、らんまるは長い棒をくわえていたのです。ちなみにその長い棒とは、オーナーさんの孫の手。

 

らんまるがお母さんからそっとせしめて、隠していたみたい。それをケージの外に持ち出そうとしているのですが、持ち歩くにはちょっと長すぎますね。

 

でもらんまるは気がついたのです。

 

(これならいけるかも…!)

 

孫の手の一番端をくわえると、上手に出入り口からスルン! どうにか抜け出すことができました。

 

ところで、この孫の手はどうやってケージに運んだのでしょうね。出たときと同じ要領で、スルッと運び込めたのかな?

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

畑を荒らす獣を捕まえようと飼い主が仕掛けたネットに…見覚えのあるモフモフが、バツが悪そうに捕獲されてた【柴犬動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ