2021年8月26日3,214 ビュー View

(ドッシドッシ…)予測不能な動きをする赤ちゃんから自ら避難中の柴犬。可愛い上にオモロで平和!

今回ご紹介するのは、避難中の柴犬たち。激しい夕立から避難していたり、お掃除ロボットから避難していたりと彼らもなかなか大変なようですが、時には可愛らしい赤ちゃんから避難することも…!?

赤ちゃんに見つからないように…

隠れるように、ソファの下にもぐりこんだのはももちゃん。

 

一体なにから隠れているのでしょう。

 

よくみると手前には、思い切りムチムチ感を放つ可愛らしいあんよが…

 

(見つかったら一巻の終わり…!)。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豆柴ももちゃん(@mameshiba.momochan)がシェアした投稿

 

そう、実はももちゃんはこの“足の主”から隠れていたのです。

 

このムチムチ具合を見れば、赤ちゃんはまだあんよをし始めた頃でしょう。

この年頃の赤ちゃんは予測不能の動きをしますからね…。

 

しかし、アングル的に小さな赤ちゃんがまるで巨人。

 

実際は小さいのに「ドッシドッシ」という足音が聞こえてきそうで、この光景は可愛いやら面白いやら。

 

早く一緒に遊べるようになるといいね!

 

雨やどり中の背中が切なすぎ

散歩中、夕立に遭ってしまったちゃん太くん。

 

雨のあたらないところに避難中なのですが、その姿から哀愁が漂いすぎているのです。

 

(ションボリ…)。

 

ああもう、こっちが泣きそうだよ…。

 

こんなになで肩になってしまって…ってそれは元々か。

 

しかしちゃん太くんがこんなにしょげてしまうのもしかたがないのです。

 

実は、彼は『水濡れ厳禁』タイプの柴犬。

 

だから雨に濡れてしまって「もう最悪…」な状態なのでした。

 

夕立よ、早く止んでちょうだい!

そして日差しでちゃん太くんが早く乾きますように!

 

安全な場所を知っている

最後は、留守番中のリンネちゃん。

 

見守りカメラで様子を見てみたら、なんとお掃除ロボットに追いかけられているではありませんか。

 

これは大変! と思いきや…。

 

「ここには来れまい」。

 

ラグの上に移動して、すっかり余裕の表情。

 

…あなた、まさか知っているのね!?

 

ラグの隣にある機械が、お掃除ロボットが来れないよう壁のような役割をしていることを…。

 

つまり、ラグの上に避難すれば安全だということ。

 

って、いつの間にそんなことを把握したの? 天才なの?

 

避難中と言っても色々なタイプの柴犬がいましたが、どの子も感情がだだ漏れでしたね。イコール可愛く思えてたまらないってこと。

 

だからつい、柴犬観察せずにはいられないのです!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ