2021年9月18日4,661 ビュー View

(タシッ)仲良くしようとした虫さんと不意に切ない結末…最後まで気にかけ続けた柴犬。【動画】

今回は、あまりに気持ちがすれ違いすぎた光景をご紹介。主役柴犬はキッチンでとある虫を発見。見つけてしまったが最後、見慣れぬ存在に一気に取り込まれてしまうのですが、犬と虫、性格も体格も違うその差が早々に悲しい結末を迎えます。しかし柴犬は無邪気に遊ぼうと誘い続け…。

虫を発見、ガン見中。

黒柴のMAXは今、キッチンで大きなハエさんを発見。

 

ハエさんは身動きせずじっと固まっています。

 

もうとにかく気になるようで、MAXは鼻を鳴らしてアピール。

 

しかしハエさんの心には響かないようで動きません。

 

動きがないままMAXは観察を続けます。

 

とっさにガブリ「あれ…?」

じーっと見続けているMAX。

 

しかし急にハエさんは飛び立ちました!

 

そこでMAXは「待って!」とばかりに、とっさにガブリ。

急な動きに驚き、犬の本能で口が出てしまったのです。

 

すると…

 

ポトンと床に落ちたハエさん。

 

そのまま様子を見ても、動きません。

 

MAXはハエさんの様子を探ろうと、すぐに接近してクンクン。

 

まるで「なんで動かないの、ねえ」とばかりに床をタシタシ叩いています。

 

それでも、ピクリとも動かないハエさん。

 

MAXは遊びたかっただけなのに、まさかの展開です…。

 

「ねえキミ、どうしたの?」

そんな結末を迎えているとは夢にも思わないMAX。

 

その後も落ちたハエさんが気になり足で触れてみますが、やはり悲しい結果になっているようで…

 

「…?」。

 

匂いを嗅いでみたり、鼻息をかけてみたり、MAXはあらゆる方法を繰り出しています。

 

しかしもちろん、ハエさんは動きません。

 

しかしMAXは「また急に動くのではないか」とちょっぴり腰が引けているよう。

 

生きているものだと信じ込み、その後もハエさんに釘付け。

 

「ちょっと起きてよ、遊ぼうよ!」とでも言いたげな姿には、なんだかとても悲しくなってきます…。

 

事態が飲み込めないまま…

ピュアなMAXは、その後もまだ諦めませんでした。

 

部屋の角まで動かしてみたり、最後は勇気を出してパクッとし「ほら起きてってばー!」なんて言うような仕草を。

 

とは言えもちろん結果は同じ。

 

最後はオーナーさんに頭をなでてもらい、ハエさんとはここでサヨナラをしました。

 

もちろん初めから「仕留めてやる!」なんて思っていなかったでしょうから、MAXの方も遊べず残念な気持ちでいることでしょう。

 

今回は思わぬ結果を迎えてしまいましたが、MAXは賢い柴犬。

 

きっと次に出会ったら同じ行動はしないはず。

だから今度は最初から優しく見守ろうね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

着ぐるみ感スゴイ…全身泥だらけになり『柴犬っぽい』生き物に。そしてシャワーを浴びてみるみる柴犬になるまで。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ