2021年11月11日10,597 ビュー View

最愛のコタツ布団をはがされた柴犬。丸見えになった全身から哀愁が漂ってきた【動画あり】

今回ご紹介するのは、哀愁が強めな柴犬たち。彼らにとってショックなことが起きているとはいえ、あまりにもリアクションが切なすぎるのです。その様子にはジワジワくるやら、愛しくなってしまうやら!

コタツ布団をはがされた

いつも通りコタツにもぐって至福のときを過ごしていた、柴犬のアン。すると彼女にとって予期せぬ事態が起こりました。

 

コタツ布団をはがされてしまったのです!

 

(そ、そんなぁ…)

 

この途方に暮れたお顔…! 全身から哀愁が漂っていますね。

 

アンには悪いけれど、これは笑っちゃう。

 

もちろんオーナーさんは、アンにイタズラをしているわけではありません。ただ布団を干したかっただけなのです。

 

布団はフカフカになってすぐに戻ってくるから、元気出して!

 

フェンス越しのお見送り

出勤するママさんを見送る、すず。お庭のフェンスのところまできているのですが…。

 

(行って…らっしゃい…)

 

フェンスの隙間から見えるすずは、がっくりとうなだれて切なそう。

 

なんて効果的なフェンス使いなんだ。顔がはっきりと見えるより、さらに悲しさが伝わってくるよ!

 

これではオーナーさんも出勤しにくいですよね。家のなかにはパパさんもいるのに…。

 

すずの心情を考えると可哀想でなりませんが、可愛すぎるのですよ!

 

中型犬用のカートなのに

はんべのために、中型犬用のカートを用意したオーナーさん。

 

一応柴犬は小型犬に分類されるので、サイズに余裕があるはず…だったのですが。

 

(ムチッ!)

 

ちっとも収まりきっていない!

 

耳や頭のモフモフは、ぎゅっと潰されています。チャックを閉めるなんて、もはや不可能。

 

どうしてこんなことに…。もしかして柴犬って大型犬だったの?

 

自らの体格の良さを恨んでいるようにも見える、はんべの表情。もう、愛おしくてたまらないよ!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ボール遊び中の柴犬が戻ってこないと思ったら飼い主放置でぼんやりしてた。そんな切ないことある?

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ