2021年12月13日9,596 ビュー View

おやつ強奪を目論む子猫。柴犬の背中にダイブするも本犬の反応は「ん?」程度だった【動画】

最近子猫と暮らし始めた、柴犬2頭。彼らは、やりたい放題の子猫をいつも温かく見守っています。たとえ背中にダイブされたり鼻にパンチをされたりしても…。柴犬たちの大らかさと子猫の奔放さにホッコリしてしまうはず!

背中にダイブされても動じない

柴犬のはちといちごと一緒に住むことになった、子猫のゴマ。まだ少し慣れない様子ですが、どうやら活発でおてんばな子のようです。

 

この日は、はちといちごのおやつを横取りしようと狙っています。優しい性格のいちごは、おやつを置きっぱなしにしてソファの下に避難。

 

オーナーさんがゴマを抱きかかえておやつから離しますが、ゴマはあきらめきれないみたい。なんとソファの上から、はちにダイブしました。

 

「ちょうだいにゃー!」。

 

なんということを…! ところがこんなことをされても、ちっとも動じないはち。

 

さらにはソファの後ろで、今度はいちごと揉めるゴマ。怖いもの知らずでやりたい放題のゴマですが、それでも2頭の対応はとても優しいのです。

 

その後、ミルクをもらうことができたゴマ。すると今度ははちが「いいなぁ」とウロウロ…。

 

なんというホッコリ動画なの!




 

ケージ越しの猫パンチも受け止める

今日も活発な様子のゴマ。ケージの外に出る時間もありますが、中で過ごす時間も長いみたい。

 

そんなゴマがいちごは気になるみたい。もちろんゴマもかまってもらって大喜びです。せっせといちごに前足を伸ばしています。

 

チョイチョイと動かすゴマの前足が、いちごの鼻にヒットすることも…。

 

でもいちごは平気な様子。ケージ越しではありますが、楽しそうにずっと遊んでいます。

 

一方、はちが近づくとなぜか大人しくなるゴマ。これにはなんだか寂しさを感じたはち。ちょっとしょんぼりしていたので、代わりにオーナーさんがたっぷりとナデナデしてあげました。

 

これから3頭の関係がどんなふうに変化していくのか、楽しみですね!




 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(なんで…?)いつも逃げていく猫がこの日だけ戦闘モード。近づいたものの対応に困る柴犬【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ