2022年2月2日20,983 ビュー View

【苦肉の策】どうしても抱っこしてほしい柴犬。必死にイスの背もたれにしがみつきパパの温もりだけ味わう

どうしても譲れないものを前にすると、柴犬たちは必死になります。パパさんに抱っこをしてほしい柴犬は、せめて温もりだけでも…とまさかの体勢をキープ。他にもどうしても離したくないものがある柴犬など、必死な子だらけなのです!

どうしてもくっついていたかった

黒柴のまるは、パパさんのことが大好き。パパさんが家にいると、抱っこをしてほしくてたまらなくなってしまいます。

 

でも残念ながら、今は仕事中。しかたがないので、パパさんの温もりだけでも味わっているみたいなのですが…。

 

(ガシッ!)

 

そこで!? めちゃめちゃ不安定じゃないか…!

 

誰かが乗せてくれたのでしょうか。まるは、パパが座っているイスの背もたれに必死にしがみついています。

 

この真剣なお顔。絶対にこの場を離れないという強い意志を感じますね。もう、健気すぎか!

 

離したら終わりだと思っている

柴犬のおはぎは、どうしても離したくないものがあるようです。

 

それはお気に入りのオモチャでも美味しいオヤツでもなく、ペットボトル。

 

(死守ー! 死守だー!)

 

肩の筋肉はムッキムキだし、表情も圧が強めだし。

 

そんなにペットボトルを離したくないのね…。

 

そうかと思いきや、オヤツを見せたらすぐに返したのだとか。その程度の思い入れだったのね!?

 

爪切り終了から逃げるまでが秒

得意な子の方がめずらしいですが、黒柴のでこぽんも爪切りが苦手。

 

なんとか耐えていたようですが、爪切りが終わったとわかると…。

 

(終わった!? 終わったよね!?)

 

バタバタと寝返りを打つと、あっという間に逃げていきました。必死すぎて、笑っちゃう!

 

でも苦手なのに爪を切らせてくれるなんて、とてもエライですよね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

愛用のイスをパパに奪われた柴犬。頭の上にどっかりと座り「ぼくのだぞ?」と無言の圧をかける

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ