2022年2月4日7,047 ビュー View

(ポツン…)感情を失くして雪に埋まる柴犬。なに考えてるのかマジでわからないのだがそこが可愛い。

平年以上に雪が多い、今シーズン。つまり我々にとっては「柴犬×雪」という素晴らしいマリアージュを存分に堪能することができる、大豊作の年なのです! どうぞ今回もホッコリしていってください!

全身を駆使して楽しむスタイル

まずは、柴犬の豪哲。雪遊びが大好きなことを、全身で表現してくれました。

 

(スリスリーッ!)

 

ああ、最高だよ…! これこれ、こういうのが見たかった!

 

豪哲は、全身にまんべんなく雪をすりつけています。このスリスリにはどんな意味があるのかは、ちょっとわからないけれど…。

 

とにかく楽しいことは伝わってきたよ! いつまでだって見ていられます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

くだもの屋さん(@kudamonowusan)がシェアした投稿

 

雪像職人、現る。

こちらは、柴犬の蓮。蓮も雪が大好きなのですが、その様子は遊んでいるというよりむしろ創作活動に近いような…。

 

(ガリガリガリッ)

 

大きな雪玉をせっせと掘っています。その姿はまるで雪像職人…!

 

もはや蓮には、周りの音など聞こえていないかも。彼はこの時、作品とのみ会話をしているのですから。

 

ちなみにオーナーさんによると、完成した作品は『中心をくり抜いたシンプルながらも前衛的なオブジェ』だったそう。

 

蓮が本物の雪像職人かどうかはさておき、この夢中な感じ…たまりませんね!

 

雪に埋まってフリーズ

最後は、柴犬のあお。たくさん雪が降った後の散歩で、こんなことになってしまいました。

 

(ポツン…)

 

あれ、置物…? ずっと前からそこにあるかのように埋まっているけれど。

 

それにしても、このお顔。感情を失いすぎていて、ジワジワ来てしまう!

 

あおは一体何を考えているのでしょうね。

 

「雪の散歩は楽しいなぁ」なのか「まだ帰りたくない」なのか。もしかして「おしり冷たい」だったりして!?

 

こんなふうになにを考えているのかわからない瞬間があるのも、柴犬の魅力なのですよね。もう、好き!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

雪まみれの柴犬可愛すぎんか。砂糖たっぷりの揚げパンみたいな顔がやたらと満足そうで最高

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ