2022年4月9日3,623 ビュー View

【顔と動きがプロ】キャリーのキャスターを高速コロコロさせるDJ柴犬さん、爆誕【動画】

今回は、プロ顔負けと思わせるほどのテクニックでDJプレイを見せつけた柴犬をご紹介。一体どういうことかといえば、コロコロのクルクルをカシカシ…といった感じ。え、どういうことか全然わからない? それでは本物のプレイを見ていただきましょう!

早速、大真面目に…

今回の主役柴犬はポンポンさん。

 

クールと愛嬌が同居する愛くるしいお顔立ちです。

 

そんなポンポンさんが今真面目に取り組んでいるのは…

 

(シュッシュッ)

 

わかりますでしょうか。

 

前足を器用に動かして、なんとキャリーケースのキャスターをコロコロ回しまくっているのです。

 

それはもう一心不乱に何度も何度も…。

 

(シュッシュッ)

 

その真剣具合は、この表情を見れば伝わるでしょう。

 

しかしあえて注目したいのがおてて。

 

指先を広げた可愛さたるやもう。

 

普段は閉じられている指先がパカッ。

 

それだけで、萌えるには十分すぎる状況なのです。

 

(シュッ)

 

そしてこの広げた感じが、うまくコロコロするためのコツのようですよ。

 

見た目以上に難しそう

しかし、相手は360度クルッと回転するキャスター。

 

コツを心得ていても、その動きに飲まれ時折失敗しそうになる瞬間も。

 

しかしさすがはプロDJ柴。

そう見せかけて、全然失敗しないのです。

 

この失敗しない感じがなんと頼もしいことか。

 

そして、この動画にはオーナーさんがアゲアゲな曲を添えているのですが、これがまた最高にマッチしているのです。

 

(シュッ!)

 

実際におすすめしたいのは、開始13秒をこえたあたり。

 

音楽もいっそう盛り上がったその時、ポンポンさんのDJプレイが見事にシンクロ!

 

そのバッチリ合っている感じに、思わず「おぉ…!」なんて言ってしまうでしょう。

 

そしてプレイを終えると…。

 

まるで武士の去り際のようなクールさで去るのでした。

 

いや、カッコいいんですけど! 本当に!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pompon 柴犬ポンポン(@maopushiba)がシェアした投稿

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「いつもの角刈りで。」柴犬がどんどん人間化というよりおじさま化している気がする【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ