2022年3月23日15,223 ビュー View

【ツンデレの見本】飼い主帰宅に喜ぶどころか「めんどくさ…」と立ち去る柴犬に泣きそう【動画あり】

柴犬といえば、見事なツンデレの使い手。オーナーさんが帰宅してもそっけない態度だったり、オモチャを投げてもらうとさっさといなくなったり。柴犬らしいといえばそうなのですが、ツンが強めなのですよ…!

大歓迎じゃなくてもいいからさ…

日向ぼっこをしていた、柴犬のあんず。すると、オーナーさんが帰宅。

 

柴犬のことなので、目に見えて大喜びするとは限りません。さて、あんずの場合はどうでしょう?

 

(はぁ…めんどくさ…)

 

ん? どこに行くの?

 

なんとあんずは、立ち上がるとその場からいなくなってしまったのです。これは想定外だわ。

 

大喜びしてほしいなんて贅沢は言わないからさ、そこにいてちょうだいよ? 残されたオーナーさんの気持ちを考えると、涙が出てきそう…。

 

でもこのような事態には慣れっこなのが、柴犬オーナーさんなのですよね。

 

そのまま通り過ぎる気満々

こちらは、柴犬のきなこ。オーナーさんとオモチャで遊んでいます。

 

投げてもらったオモチャを咥えて、オーナーさんの元に運んでくるかと思いきや…。

 

差し出されたオーナーさんの手には目もくれず、通り過ぎようとするきなこ。

 

しかも、スタスタと足早に立ち去ろうとしています。どうして…どうしてなの!?

 

でもそのうち、気まぐれに「投げて!」と再びオモチャを持ってくるのでしょうね。

 

そしてそんなことをされたら、こちらはもれなく嬉しくなってしまうのですよ。

 

ツンデレ、恐るべし!

 

フェイントからのスルー

最後は、オランダ在住の柴犬の柿丸。遠くから、嬉しそうにオーナーさんの元へ走ってきます。

 

腰をかがめ、両手を広げるオーナーさん。柿丸を抱きとめる準備は万端です。ところが…。

 

(シュッ!)

 

まさかのフェイント…!

 

柿丸はオーナーさんの目の前で進路を変更すると、撮影者さんの元に飛び込んできました。

 

これは切ない。期待してしまっただけに、さらに切ない。

 

でもだからこそ「次こそは自分の元に来てほしい!」と、燃え上がってしまうのかも。

 

まるで追いかける恋愛のよう。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「なに寝とんじゃ!」体調不良の飼い主にスパルタ対応な柴犬。これは同情するしかない【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ