2022年4月12日21,795 ビュー View

(ドガガッ!)飼い主のお尻に頭突きをお見舞いする闘牛モードの柴犬に声出して笑った【動画】

突然『闘牛モード』になった柴犬。我を忘れて走り、止まり、また走り…を繰り返します。その勢いは止まらず、ついに柴犬の頭突きを食らってしまったオーナーさん。しかも、お尻に。申し訳ないけれど、これは笑ってしまう!

頭突きした自覚はなし

まずは、柴犬パピーのこなつ。ケージのなかで元気に遊んでいます。お気に入りはお肉のぬいぐるみ。こん棒のように持ち歩いています。

 

しかし体が小さいので、振り回すのにもひと苦労です。そして事件は起きました。

 

(ゴッ!)

 

トイレトレーの縁に、頭突きをしてしまったのです! バランスを崩してしまったのでしょうか。

 

それにしてもかなり大きな音がしたけれど…。ところが、当のこなつは平然としています。まさか頭突きをしたことに気がついていない!?

 

むしろオーナーさんが笑ってくれて、嬉しそうなこなつ。その後たくさんなでなでしてもらい、幸せそうなこなつでした。




 

さすがに荒ぶりすぎ

こちらの柴犬は、なぜか荒ぶりスイッチが入ってしまいました。ホリホリしたり、オーナーさんの上をジャンプしたり、ベッドの上で大暴れです。

 

この謎のテンション…柴犬あるあるの現象ですよね。

 

そしてついに、ベッドに横になるオーナーさんにも直接的な被害が。なんと柴犬が腰のあたりに頭突きをしてきたのです。さらにはお尻にも…。

 

(ドガガッ!)

 

まるで闘牛のようにぶつかってくる柴犬。勢いありすぎか! これには撮影していた別のオーナーさんも、笑ってしまいました。

 

さて、さすがにそろそろ落ち着く頃でしょうか。息を整える柴犬。ところがまたもや急発進。

 

ベッドから飛び出して、画面から消えていきました。そして大きな物音。実は、鏡に激突してしまったのだとか。

 

かなり笑わせてもらっておいてあれだけど…どうかケガだけは気をつけてね!




 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

雷が怖くてテーブル下に逃げ込んだ柴犬。ところがそこは猫パンチが降り注ぐ危険スポットだった【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ