2022年6月3日2,687 ビュー View

【取材】あいみょんのPVに出演経験もあるイケワン!16歳2ヶ月の長寿の知恵は#秘密結社老犬倶楽部で情報収集 #27まろ

平均寿命12〜15歳と言われる柴犬。そこで我が『柴犬ライフ』では、12歳を超えてもなお元気な柴犬を、憧れと敬意を込めて“レジェンド柴”と呼んでいます。 この特集では、レジェンド柴たちのライフスタイルや食生活などにフォーカスし、その元気の秘訣や、老犬と暮らすうえで大切だと思うことを、オーナーさんに語っていただきます。今回は、千葉県に住む16歳のまろさんが登場。明治安田生命のWebCMや歌手・あいみょんの曲「朝陽」のMVに出演するなど、まさに“レジェンド”にふさわしい活躍で柴犬界隈を賑わせてきたスター犬の長生きの秘訣とは?

まろさんプロフィール

柴犬

年齢&性別

16歳と2ヶ月の男の子(2022年6月現在)。やさしい顔立ちから、よく女の子に間違われる。

体重 

8kg

大好きなこと 

お散歩&知らない場所へ家族やお友達とおでかけすること。

既往歴

・7歳の頃、尿路結石に。主食を療法食やロイヤルカナンに変え、半年で完治。

・同年12月にてんかん発作。約1ヶ月後にも、再度発作が起きるものの、その後は発作は起きず。

・12歳ごろから加齢による腎臓の数値の悪化が発覚。

・15歳9ヶ月頃から食欲がなくなり、体重が12→8kgへと急激に減少。

 

生後70日で家族に。お父さんが仰天した初対面

柴犬

柴犬まろサン16歳(@maro0324shiba2)より引用

 

2020年8月、Twitterのある柴犬アカウントで投稿された動画が3.7万件のリツイート、570件の引用ツイート、14.5万件のいいねがつくなどして、注目を集めました。

 

内容は、病院にワクチンを打ちにいった柴犬が診察台の上で、まるで携帯のマナーモードのように細かくガクガクと足を震わせているというもの。

 

怖がりながらも、逃げたり、吠えたりせず、ワクチンが打たれるまで恐怖に耐えて診察台でじっとしている――。

 

その健気で可愛く利口な姿と、怖がっている様子に「頑張ったね!えらいえらい」「診察台怖いよねぇ」などと心をわしづかみにされた方々からの多くのコメントがつきました。

 

この足を震わせていた張本人こそが、今回取材した“まろさん”。2022年3月24日に16歳を迎えたレジェンド柴です。

 

柴犬

オーナーの柚木さんいわく「性格はマイペース、のんびり、穏やか。平和主義で大抵のことには無反応、どちらかと言えばクールです(笑)」とのこと。確かに、動画で見る表情はポーカーフェイス(?)のような……。

 

そんなまろさんと柚木さん家族が出会ったのは、約16年前。生後、約70日目のことでした。

 

柴犬を飼うことが夢だった柚木さんは、小さな頃から柴犬を飼いたいと言い続け、いろんなペットショップにお母さんを連れていっては「ほら、柴犬かわいいね」「この子もかわいいよ」と柴犬の魅力を伝え続けたそうです。

 

そして20歳になったある日、あるペットショップを訪れていたときに、ついにその熱意に根負けしたお母さんが飼うことを許可。

 

急に飼えることになり驚いたものの、意気揚々と2人と一匹で帰路についたそうです。

 

柴犬

迎えてまだ6日目のまろさん

 

「本当にうれしかったですね。どうしても飼いたくて、まろさんを飼う前から柴犬専門誌を買って読んでいたくらいでしたから(笑)。

 

その日は、もともとペットを飼うことに賛成していなかった父親が仕事から帰ってきたら、急に犬がいたのでビックリし、さすがにちょっと怒られましたけど……」(柚木さん=以下「」内同)。

 

そんな思わぬサプライズに仰天したお父さんでしたが、今では、まろさんの可愛さにすっかり参ってしまっているようです。

 

2つあるまろさんのベッドのひとつはお父さんのお部屋に置かれており、介護がはじまってそのベッドを使わなくなった今、とても寂しがっているそう。

 

柴犬と猫

近所の仲良し猫・チー太郎ちゃんと。オス同士なのにいつもチュッチュしているそう。

 

食に興味なし。カロリー摂取を目指し取り入れた食材たち

柴犬

とにかく少しでもカロリーを摂ってほしくて色々買いました

 

長寿の秘訣を探ろうと、今日までの食事内容をお聞きしようとしたところ、意外な答えが返ってきました。

 

「実は小さな頃から、まろさんは食に興味がなくて……。パピー~成犬期は、ペットショップでおすすめされたカリカリをおすすめされた方法で与えていました。

 

12歳の頃に受けた健康診断で腎臓の数値の悪化を指摘されて、はじめて、食事内容にいろいろ気を配るようになった感じですね」。

 

柴犬

日によってパジャマをかえたり、お腹がゆるい時は腹巻をしたり

 

柴犬

 

医師から総合栄養食を与えるようにアドバイスを受け、アガリクスI/Sと腎臓ケア療法食ハッピードッグの2種類をメインで与えるようになったそうです。

 

「おかげさまで最初の検査で800以上あった腎臓の数値が、今では100くらいまで下がって。ただ2021年12月頃からは、もともとなかった食欲がさらになくなり、自分から全く食べなくなってしまいました」。

 

体重が12kgから8kgへと、病院に来るたびにどんどん減少していることから、「カロリーを取らないといけないよ」と医師から指摘を受け、すべて手にのせて少しずつ食べさせるなど、さらに工夫や試行錯誤を重ねている今現在だそうです。

 

【まろさんの1日の食事例】

ドッグフード,サプリ

・朝:栄養バランスを考えたドライフードを数種類混ぜ合わせ、ささみや砂肝をハサミで小さくきったものをトッピング。さらにそこに、すりごまを混ぜたもの 25~50g

 

・夜:朝ごはんの残りに、ウェットフード(主にデビフの缶詰 シニア用)かチュールをかけ、そこにオメガオイルをかけたもの

 

※上記の他、朝晩、ヤギミルクをお湯でとかして冷ましたもの(小さじ2杯ほど)、DHCの犬用サプリ、医師の指導の元、人間用のビオフェルミンを与えているそう。

 

食事以外につづけてきた毎日のルーティン

手帳

100均で買った手帳に、毎日のおしっこの回数(パッド交換)や排便の有無、朝晩の食事量等を記録。病院に行く際は毎回これを持参して行くそう

 

また、毎日、食事後に蒸しタオルで全身を拭く、タオルや軍手で歯磨きをする、定期的に他の犬や人間のお友達と交流する……の3点を意識してつづけてきたのだそう。

 

「そのおかげなのか、今でも毛並みと歯はよく褒めてもらえます。

 

小さい頃から口の周りをよく触っていたので、あまり抵抗がないみたいで、この習慣はつづけてきて良かったかなと思います」。

 

成犬の8割は歯周病だと言われていますが、この歯周病が内臓の病気に大きく関わることも最近では知られてきました。まろさんがやってきた毎日の歯磨きは、長寿の一因かもしれません。

 

柴犬

 

さらに2021年12月以降、認知症を疑われる症状が出てから取り入れたアイテムも。

 

 

「この頃から、トイレの粗相が増えたんです。朝起きたら、大体一回分が出てしまっている状態なので、三か月ほど前からオムツを活用しています。

 

犬用のマナーウェアは費用がかさむので、人間用の尿とりパッドを半分に切って、吸水ポリマーがもれないようにテープなどで止め、それをamazonで買った防水のマナーベルトにはめ、その上に犬用のオムツやマミーポコを履かせたり。

 

何回も洗って使えるパッドがついている海外のパッド&ベルトセットを購入して試したりも。母と試行錯誤しているところです」。

 

柴犬

肉球が冷えてる時は冷え対策で靴下を履かせてもらうこともあるよ

 

また、深夜に徘徊しているのか、玄関の前に寝ているなど予想外の行動が増えたことをきっかけに購入したのが見守りカメラ。

 

外出中も声をかけたり、別部屋にいても布団がめくれているのが確認できたら直しにいけたりできる、とても便利なのだそう。

 

また、以前よりも乾燥するようになった、お尻のまわりや肉球にはワセリンを塗って、乾燥対策をしているそうです。

 

情報収集は#秘密結社老犬倶楽部

柴犬

急に触られるとビックリすることが増えてきたため、ネットで買ったワッペンをリードにつけています(イエローリボンプロジェクトのようなもの)

 

犬を飼うのがはじめての柚木さん。これらの情報は、どこから得ているのでしょうか。

 

「情報を得るのにメインで活用しているSNSはTwitterです。 #秘密結社老犬倶楽部 というハッシュタグがあって、そのタグをつけて老犬についての相談をすると何かしらの回答やアドバイスが得られるんです。

 

例えば、オムツが最近合わないけれど、人間用で良いブランドありますか?とか。参考になることも多いし、相談できるだけでもうれしいんですよね」。

 

柴犬

夏のカート移動は麦わら帽子+サングラス+扇風機+保冷剤で暑さ対策はバッチリ!

 

まろがいないと見えなかった景色たち

柴犬

カートで電車や車に乗ると、すぐにスヤスヤと眠るか落ち着いた様子でくつろぐというまろさん。知らない場所に行くのが大好きだそう

 

介護など大変なこともある中、まろさんがいるからこそ感じられる幸せとは?をお聞きしたところ、たくさんの思い出が喉からあふれ出すように語ってくださいました。

 

「ずっとずっと飼いたくて、ようやく飼えた柴犬だから。やれることは何でもやりたいと思って日々接しています。

 

まろさんがうちに来てくれなかったら、できなかったこと、行かなかったところ、出合えなかった人ばかりです」。

 

柴犬と家族

 

7歳の七五三のお祝いには、浅草で柚木さんとお母さんとまろさんで人力車に乗ったり、泊りがけで大阪や山梨に行ったことも。

 

オフ会でたくさんのお友達と出会えたりと、どれも「すごく楽しかった」と嬉しそうに話す柚木さん。

 

柴犬

人生初のプールではライフジャケットを外しても上手に泳げました

 

「それと、12歳の頃に、ある動物プロダクションに所属したのですが、そこで明治安田生命のWebCMや歌手・あいみょんさんの『朝陽』という曲のPVに出演させていただいたりもして……。

 

いろんな経験をさせてもらい、おかげでたくさんの思い出をつくれています」。

 

柴犬

雑誌のグラビア出演の他、ペット博ファッションショーで松本秀樹賞を受賞、インターペット ご長寿表彰式に参加など、幅広く活躍。この写真はインターペット御長寿表彰式の様子。

 

シニアとは思えないほど、多方面での活躍をつづけるスター柴・まろさん。これからも、そのレジェンドな生き様で、多くのシニア柴に勇気を与えてくれることでしょう。

 

そのためにも、家族からのたっぷりの愛情を一番の良薬とし、これからも元気に、一日でも多く長生きしてほしいものです。

 

柴犬と家族

まろさんの可愛い姿はInstagram  @marosan_shiba でチェックしてみてください

 

取材・文/浅田よわ美

 

★「#レジェンド柴」で投稿お待ちしています!

柴犬ライフでは、取材にご協力頂けるとレジェンド柴を探しております!

12歳を超えた柴たちは、「#レジェンド柴」をつけてInstagramに投稿してみてくださいね。

編集部から取材のお声がけをさせて頂くかも!?

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ