2022年7月12日3,814 ビュー View

(邪魔になってないかな…)めちゃくちゃ猫に気を遣ってたのに結局叩かれる不憫オブ不憫な柴犬【動画】

今回の主役柴犬は、同居する猫と仲良くなりたいと日頃から思っています。怒られないように細心の注意を払いながらそっと距離を詰めるも、結局は猫に叩かれてしまうのです。柴犬があまりにも不憫で、これは応援せずにはいられない!

猫に気を遣いながら横になったのに

黒柴のこじろーは猫のことが大好き。もっと仲良くなりたくて、さりげなく近くにいます。こうやって頭を並べて寝ているだけで、幸せみたい。

 

ただ、猫は柴犬以上に気まぐれないきもの。機嫌を損ねないように、常に注意が必要です。猫が寝返りを打てば、こじろーもお顔を上げます。

 

(邪魔じゃないかな? 怒ってないかな?)

 

めちゃくちゃ気を遣っているじゃないの! 猫の様子を見るこじろーの表情が全てを物語っていますね。

 

でもどうやら何事もなさそう。そこでこじろーが安心して頭をソファに下ろすと…。途端に猫パンチが飛んできました!

 

しかもノールックで、何の前触れもなしに。こじろーもこれにはビックリ。体を起こしてしまいました。そりゃそうだよね…。ただ寝ていただけなのにね。

 

なんて不憫なこじろーなのでしょう。でもこのやりとり…正直、可愛すぎる!




 

やっぱり猫と仲良くなりたい柴犬

こちらもこじろーと猫。あいかわらずこじろーは猫と仲良くなりたいようで、猫のそばにいます。もうすでにこちらがドキドキしてきたよ…。

 

しかもふたりがいるのは、ママさんのヒザの上。こじろーにとってはママさんに甘えながら、猫とも近づけて一石二鳥なポジション。

 

でも猫は「せっかくママのヒザをひとりじめしていたのに…」と思っている可能性も。これはパンチが飛んできそうな予感。ところが…。

 

(まあ、いいニャン…)

 

あれ? 怒らないの? こじろーがこんなにグイグイきているのに?

 

「今日は大丈夫そう!」と調子に乗ったのか、こじろーはママさんが猫をなでると「自分も!」と邪魔までしています。

 

もういよいよ怒られちゃう…と思いきや、あいかわらず無反応の猫。もしかしたら猫もママさんのヒザの上にいて、ご機嫌なのかもしれませんね。

 

夜になっても、ママさんの上は定員オーバー。こじろーのお尻が猫に乗ってしまっても激しく怒られるようなこともなく、平和な時間が流れます。

 

最後まで仲良しなふたりに、すっかり癒される動画でした!




 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(にゅるんっ!)そんなとこ通れちゃうんだ!?柔軟性を活かしまくる柴犬パピーの脱走一部始終【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ