2022年9月11日4,784 ビュー View

いるよね、こういうせっかちな人。なかなかベルを鳴らせない妹に「早く!」と後ろから圧をかける兄柴犬【動画】

今回登場する柴犬たちは、ちょっと圧が強め。いえ、ちょっとではないかも? そうはいっても大騒ぎをするわけではありません。むしろ冷静にじっくりと圧をかけてくるのです。自らの主張が通るまで何度でも何度でも…。

「早く押せって!」

柴犬のこむぎは、ベルチンを鳴らすのが得意です。おやつが欲しいときには自ら音を鳴らしておねだりをするほど。

 

でもこの日ベルチン芸に挑戦するのは、きょうだい柴犬のわらび。どうするかは先輩を見ているので理解しているようですが、なかなか音が出せません。

 

すると後ろにいたこむぎが、ついに我慢できなくなったようで…。

 

「(ペシッ)早く押せって!」。

 

わらびの後頭部を小突いたのです!

 

どうやらこむぎは、なかなか成功させられないわらびを見てちょっとイライラしてしまったみたい。

 

いえ、もしかしたら「こうやって前足で押すんだよ!」と実演しているのかも。それにしたってせっかちすぎますけれどね。そこ、わらびの頭だし。

 

その後もこむぎによる圧迫は続きます。

 

でもわらびはまだお勉強中。完全にマスターするまで焦らずに見守ってあげてね!




 

「もっとなでなさい」

こちらは柴犬のもこ。もこはなでなでが大好きです。オーナーさんに触ってもらって、とっても気持ち良さそうにしています。

 

オーナーさんの手が止まると、オーナーさんの手におててをチョン。はいはい、「もっとなでて」ということだね。

 

そのうち、ついにはゴロン。この体勢でなでてもらうことにしたようです。ところがすぐにオーナーさんの手が離れてしまいました。すると…。

 

(チョイチョイ…)

 

なんでしょうね。無言なのですが圧がすごい。

 

クンクンと鳴いてアピールする子もいますが、もこは終始静か。おとなしいからこそビシビシと伝わってくるものがありますよね。

 

その後ももこの催促は止まりません。「もっとなでて」「まだまだなでて」と、いつまでも続きます。

 

動画は終わっても、もしかしたらずっとなでなでは続いているかもしれませんね…!




 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

3歳児にブランケットをかけてもらって一緒にお昼寝する柴犬。なんて平和な世界なんだ【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ